ブログトップ
お産婆さんに取り上げてもらいました(吉備路の総社生まれ)
オレンジ色から、赤と緑へ
オレンジ色から、

31日はハロウィーン。このひと月ほどは、街を歩くと妙にオレンジ色が目につきました。

25日の日曜日に、“ハロウィーンの花束”と札がかけてあったのを買ってきました。売っていたのは、お花屋さんじゃなく、スーパーだったので、植物の名前全部はわからないまま。朱色の花は、たぶん菊と千日草でしょう。

“寸詰まりのピーマン”のような形(ピーマンさん、ゴメンナサイ)というか、ペンダント型の照明のような実が、茎にたくさんぶら下がっているのは、なんとも愛嬌いっぱいで、とってもかわいいんです。数えたら全部で18個あって、そのうちの3つは、すでに真っ赤

ピーマンのような緑色からほんのり色合が変わっていくのを、わくわくしながら楽しみにしています。3つほどはオレンジに変わりつつある状態。そのスピードが意外に早いのにびっくりしました。緑からオレンジ色を経て赤へと変わるのに、ちょっぴり色付きを感じてから丸三日くらいかかります。朝、色付き始めていると思ったのが、夜にはかなり赤く熟れていたりするのです。

31日を過ぎて、街からオレンジ色がなくなっても、テーブルの上のささやかな楽しみは、当分のあいだ続きそうです。今度写真で報告しますね。

それにしても、ハロウィーンに便乗?して、街をオレンジ色に染めてしまう商魂は見上げたものです。

そして早や、ポインセチアが鮮やかな赤と緑でお花屋さんに並び、クリスマスの到来を予告しています。こうして今年もあと2カ月となって、あっという間に終わってしまうのかと思うと、ちょっぴりさびしいな。
[PR]
by joi-maba | 2009-11-01 00:27 | 日々 | Comments(0)
<< 3 S !? 言の葉 >>