ブログトップ
お産婆さんに取り上げてもらいました(吉備路の総社生まれ)
明けましておめでとう!!
長らくご無沙汰してしまい、とうとう12月はダンマリのひと月でしたとさ。若いスタッフたちは、いつ時間があるのだろうかと不思議なほど、寸暇を惜しんでブログ書いてるのに、アラ還は、うんと出遅れてます。

さてさて、明けましておめでとうございます
 
昨年は、公私とも、目まぐるしくいろいろなことがあった一年でした。時間を大切に生きなければと、立ち止まって考える時期だと感じています。

“世界は人間なしに始まった”のに、生き物のうち人間だけが自然に反する異様な存在になってしまいました。武器も作ってしまいました。地球と生き物と隣人と、共生の道を歩みたいものです。

池田香代子さん+池上彰さんが、日本に視点を移した本を作りました。『日本がもし100人の村だったら』(マガジンハウス、952円)。ご一読を!

そうそう、2001年12月に出た、元祖『世界がもし100人の村だったら』には、ほんのちょっぴりですが、資料のところで池田さんに協力したんですよ。これって、自己ピーアール!?なんちゃってね。ジョイセフピーアールでっす。元祖『世界がもし~』も読んでね。

というわけで、今年もどうぞよろしくお願いします。

2010年 元 旦

蛇足ですが、昨年末の大失敗!をご披露しちゃいます。
年賀状はさっさと、12月27日には出し終わって、例年より“グッドジョブ”なんて、自分をほめていたら、な、なんと… 2009年元旦 って印刷したのを出してしまったのです。後の祭りです。

確か年は変えたのに、何故だ。そうだパソコンとモデムの不調で、40日間、気が動転していたんです。それで、2009年の文面が見つからなかったため、2008年のを基にしたので年数を2年進めなくてはいけないことを忘れて、1年しか進めていなかったのです。気付いたのは30日、どきっとして、寿命が半年ほど縮みました。ああ~~。mabaは、仕事柄、刷り上がって納品された物を手に、今までに何回も寿命が縮む思いをしましたのに。懲りないもんだねぇ。反省
[PR]
by joi-maba | 2010-01-01 00:13 | 日々 | Comments(2)
Commented by リハク at 2010-01-05 23:13 x
mabaさん、はじめまして。素晴らしい活動をされているんですね!もう長く続けてらっしゃるんですか。同じ岡山県の同郷人として誇りに思います。私は40数年岡山から出たことがないので尊敬いたしました。
ご紹介いただいた本も読んでみます。それでは。
Commented by joi-maba at 2010-01-05 23:48
リハクさん、ありがとうございました。素晴らしい活動だなんて! 自画自賛しちゃって、恥ずかしい限りです。でも、コメントをいただき、うれしいです。
総社に住んでいたのは、7つまで。その後はほぼ東京です。ジョイセフには、25年くらいかしら。30歳すぎから、しかも、途中で一回退職したりしているので、延べにすると、もっと長いです。今アラカンで、スタッフの平均年齢を上げることに加担しています。若返りが推奨されているんですけどね。
ところで、岡山ゆうのは、ほんまにええとこじゃなぁ。みんな、やさしゅうて、わりい(悪い)人らぁひとりもおらんし、いろんな果物がよおけい(たくさん)あるんじゃあ。
<< 話が煮詰まると困る? オレンジ色のピーマン >>