ブログトップ
お産婆さんに取り上げてもらいました(吉備路の総社生まれ)
若林敬子さんの研究成果の本
今回はちょっと硬い話題ですが、お付き合いいただければうれしいです。

ずっしり手ごたえのある2分冊の本の重みは、そのまま濃い内容の重みでもあると思いました。

c0223638_19375898.jpg

著者の若林敬子さんは、厚生省人口問題研究所(現国立社会保障・人口問題研究所)に27年、東京農工大学の13年を合わせて40年にわたり、日本の地域人口問題研究・調査を続けてこられました。この間の、現地調査に基づく地域開発と都市・農村間の人口移動、社会開発論研究の集大成として、昨秋2巻の大著を出版され、ジョイセフにも寄贈してくださったのです。

第Ⅰ巻の理論篇では、次の5つの大きな柱の中に16章にわたる詳細な考察が加えられています。
人口問題の現状(2章分)、地域人口移動(4章分)、社会開発・コミュニティ論(3章分)、人口資質の年齢構造(4章分)、農村における学習・意識・家族(3章分)。

第Ⅱ巻モノグラフ篇では、昨今広く用いられてきた“限界集落”、“限界自治体”という語に象徴されるように、「地域末端におりればおりる程、人口減少社会・人口高齢化社会の到来の厳しさがせまりつつあることが理解されよう」と著者は述べています。人口200人の愛知県富山村や各地の島々の調査と20-30年ぶりの追跡調査は、年月の流れの中から多くの示唆が読み取れることと思います。

「研究をフォローする若き研究者が現れることを願いつつまとめに挑戦し上梓した」と、著者の言葉が添えてあります。研究意欲あるお若いみなさまはいらっしゃいませんか。

若林先生には、かつてジョイセフ発行の雑誌に中国の人口関連の原稿をご寄稿いただいたり、とてもお世話になってきました。また、ジョイセフスタッフの中には、学生時代に先生の講義で勉強した経験をもつ人が2人いるそうです。

若林敬子著
東京農工大学出版局
『日本の人口問題と社会的現実』

◆第Ⅰ巻 理論篇 3600円+税
―人口・農村・開発・意識・教育
◆第Ⅱ巻 モノグラフ篇 3400円+税
農山漁村人口調査―人口減少と限界集落
[PR]
by joi-maba | 2010-01-29 20:09 | Books | Comments(0)
<< 私の宝物(2) ハンカチ王子 >>