ブログトップ
お産婆さんに取り上げてもらいました(吉備路の総社生まれ)
「松本賞」は、水沼英樹・弘前大学教授に
2010年の「松本賞」受賞者は、弘前大学医学部産科婦人科学講座の水沼英樹教授に決まり、24日授賞式が開催されました。1996年創設のこの賞は今年で14回目、受賞者は述べ25名という歴史をもっています。このおめでたい場に紛れ込んできましたので、少しですが報告いたします。

写真左が水沼英樹教授、右は松本清一会長

c0223638_17475015.jpg


「松本賞」は、日本家族計画協会の松本清一会長の名を冠した表彰制度で、日本のリプロダクティブ・ヘルス、中でも家族計画・避妊の専門的な分野において活躍している第一人者の功績を讃えて授与するもの。

水沼先生は群馬大学医学部出身。米国テキサス大ヘルスサイアンスセンターに留学、群馬大学医学部産婦人科学教室を経て、2001年8月から現職・弘前大学医学部産科婦人科学講座教授。輝かしい経歴を列挙すると、何行にも及んでしまいますので、先生には申しわけありませんが、割愛させていただきます。

2006年発表の「低用量経口避妊薬(OC)の使用に関するガイドライン」改訂版は、日本家族計画協会をはじめ6団体での議論を重ねた上で制定されたもので、「問診を重視し血圧測定を必須とする」をOC処方の基本に据えられました。このガイドラインの制定を契機に、処方しやすくなったとの声が全国に広がり、OCの普及が一段と進んだことは特筆すべきことでしょう。

水沼先生は日本更年期医学会理事長として、わが国における更年期医学だけでなく、女性の生涯にわたって、その健康に奉仕する女性医学の確立への多大な貢献も評価されました。

c0223638_17534439.jpg

松本先生曰く、 「水沼教授は、要するに女性の味方ですと。更年期医学、予防医学、女性の医学全般がテリトリーなのですね。
[PR]
by joi-maba | 2010-03-24 17:54 | 日々 | Comments(0)
<< 自由人 生きる知恵としての性教育 >>