ブログトップ
お産婆さんに取り上げてもらいました(吉備路の総社生まれ)
自由人
私事ですが、3月末日、ジョイセフを退職して自由人になりました。

ジョイセフが求めている若手ではなくなりましたが、まだ賞味期限が残っている部分だけ、あつかましくパートで手伝わせていただくことになりました。「半自由人」というわけですね。延べ30年近く、ジョイセフで実に多くのことを学ばせていただき、その上給料までいただき、あっという間に過ぎ去った日々に思えます。一方では、長かったような印象もあります。

c0223638_19224538.jpg

お花をいただいてしまいました とってもきれいでしょ! ありがとうございました。

左のピンク系のは、26日のランチの会にお顔をだしてくださった KF さんからいただいたものです。KF さんは、ジェンダーの問題やリプロダクティブ・ヘルスの分野で活躍している方で、加藤シヅエさんが英語で出版された "Facing Two Ways" の日本語版の翻訳もなさいました。25年前に発行された「ふたつの文化のはざまから」という本です。このころお目にかかったのが最初でしょうかしら。

右のパープルの濃淡のお花をアレンジしているほうは、ジョイセフのみなさまからです。mabaの雰囲気にぴったりのを選んでくださいました。makoさんの妹さんのお店で見立たてていただいたものです。

ジョイセフ創設者の國井長次郎(故人)という人間の、燃えるような勢いの心意気にほれ込んで、運動にかかわれた幸せをかみしめています。加藤シヅエ会長(故人)からは凛とした生き方を教えられました。また、たくさんの方々との出会いも心に残る思い出です。

いろいろなことがありました。今は、感謝・感謝・感謝…と何度唱えても足りないほどの気持ちです。Mabaとかかわりのあったみなさま、そしてお目にかかったことはなくても、ブログを読んでくださっているみなさま、本当にありがとうございました。

ブログは継続いたしますので、引き続きよろしくお願いいたします。
[PR]
by joi-maba | 2010-04-01 19:26 | 日々 | Comments(0)
<< むずかしいことをやさしく/やさ... 「松本賞」は、水沼英樹・弘前大... >>