ブログトップ
お産婆さんに取り上げてもらいました(吉備路の総社生まれ)
多様な生物、一つの地球、一つの未来

「これは大変だ」と思うことはたくさんありますが、環境のことはかなり深刻で大きな問題だと思わずにはいられません。

6月5日は世界環境デー(World Environment Day)!

○○デーというのは、日本にも世界にもたくさんあり、「5月30日はゴミゼロの日」というのまで含めて毎日、なにかしらが ○○デーになっているかもしれません。

タコよ、おまえもか

明日の環境デーに関連して、生物の絶滅危惧種のことが、たまたまテレビから聞こえてきたのですが、タコもそうだとは初耳でした。日本近海では獲れなくなって、モロッコから輸入しているのは少し知っていたものの、モロッコでも、もうずいぶん減ってきているのですって!

タコを食べるのは日本人だといわれていますから、日本が絶滅に加担しているとは…。タコ焼き大好き人間だったら、ドキッとしたかもね。

他の絶滅しそうな生き物も、すべては人間のせいです。コピーなど大量に使う紙のために森を伐採していることも、生き物が生きづらくなる原因のひとつと言っていました。

必要な分量だけ、大切に命をいただいて、謙虚にならないとと、改めて感じています。まずは、日常の身の周りのこと、足元から自分の行動を見直さなければと、猛反省することがたくさんあります。

それでも、自称「ひとりだけのモッタイナイクラブ」の会長として、少しは実践していることがあるのですけどねぇ。周りへの呼びかけまでは、なかなかできないものです…。

★国連広報センターからのお知らせによると、今年の世界環境デーのテーマは「多様な生物、一つの地球、一つの未来」です。現在急速に進行している、様々な種の大量絶滅に歯止めをかけ、地球上に住む生物数百万種の重要性に対する意識を高めようという「国際生物多様性年」の呼びかけに応えるものとのことです。

この日は1972年6月5日からストックホルムで開催された「国連人間環境会議」の開会日に由来しています。日本では「環境基本法」(平成5年)によって、6月5日が「環境の日」に定められています。

環境デーのために寄せられた潘基文(パン・ギムン)国連事務総長のメッセージは、決意表明であり、警鐘だと思います。

★追記:

今年の年賀状に「モッタイナイクラブ」の会長だと宣言してしまったら、何人かから、入会したいとか問い合わせがあったのです。うれしい反面、「いえ、特に組織ではないんですよ。自分に言い聞かせるためなんです」と言い訳をするはめになりました。

これからの未来の生き物(人間も含む)のために、してはいけないこと、しなくてはいけないことを考えようと思った一日でした。
[PR]
by joi-maba | 2010-06-04 23:53 | 日々 | Comments(0)
<< ホタルよ、おまえもか タイタニック号と人口問題 >>