ブログトップ
お産婆さんに取り上げてもらいました(吉備路の総社生まれ)
ホタルよ、おまえもか
前回の絶滅危惧種の関連です。

昨晩、久我山のホタル祭りに行ってきました。心配だった雨が降ることもなく、幻想的な光の乱舞が楽しめました。あ、乱舞はちょっと大げさです。最多でも一度に見られるのはせいぜい10匹くらいでしたから。

それでも、東京の緑いっぱいの自然の中でで見られるホタルなのですから、日常の現実を忘れ、ひと時の清涼な気持ちに浸ることは十分できました。暗くなった途端には人間の数のほうが多いので、しばらくして「大人の時間?」になったころが見ごろですね。

ホタルの写真はmabaには撮れませんので、下記は絵葉書からのです。久我山連合商店会の企画・制作のものを、拝借させていただきました。

c0223638_16233493.jpg


神田川会場では川の対岸と上方にゲンジホタル、玉川上水会場ではうっそうと夏草が茂った川底周辺で見られ、2か所とも、それぞれ違う趣で楽しめました。

ホタルも絶滅危惧種になりそうだと、先日のテレビ番組から聞こえてきました。えさのカワニナがどんどん減ってきているそうです。

例年は、商店会が近辺の学校と協力して飼育したものを放っていますが、今回は幼虫が少なくて各学校に分けられず、学校飼育のホタルではありません。それでも、昨年の産卵から自然発生したものも少しはいたらしいとのこと。自然発生を目指していても、今の環境のなかではまだまだ難しいのでしょう。ヒトという生き物と、多種多様な生物との共存の道は険しいですね。

土地勘のない方に補足しますと、久我山は東京の杉並区にあり、京王井の頭線沿線の街です。そして「水と緑と豊かな“とき”がこころをいやすまち」だそうです。羊頭狗肉ではありません。そのとおりだと実感できました。

来年もホタル祭りは、多分6月初めの土日にあると思いますよ~。
[PR]
by joi-maba | 2010-06-06 16:32 | 日々 | Comments(0)
<< 平均寿命、日本が世界1、女性の... 多様な生物、一つの地球、一つの未来 >>