ブログトップ
お産婆さんに取り上げてもらいました(吉備路の総社生まれ)
世界人口70億人の日、10月31日に

国連人口部は2年ごとに世界人口推計値を出していますが、2010年版がやっと5月3日に発表されました。それによると、今年2011年に世界人口は70億人に、2050年に93億600万人、2100年には101億2500万人に達するとしています。

2008年版推計では、70億人に達するのは8月25日とされていましたが、今回の推計では10月31日ということです。私メも電卓片手に日にちを計算してみましたら、30日となってしまうのですが、ま、細かいことは抜きにして、国連の発表では10月末にめでたく70億人に達するのです。潘基文(パン・ギムン)国連事務総長に祝ってもらえる70億人目の赤ちゃんは、どの国で生まれるのでしょう…。

ニューヨークの国連人口基金本部では「人口70億人の日」のキャンペーンを始め、それを受けて、同東京事務所は、日本国内で、「70億人の世界×70億人のアクション」キャンペーンを展開しています。その目的は、「70億人の世界」についての様々な課題に関心を持ち、それを解決するために身の周りのことから「70億人のアクション」を起こしてもらうよう呼びかけることだそうです。

ジョイセフも国連人口基金などと共催で、10月27日「世界人口70億人の日」を記念するシンポジウムを企画しています。10月26日世界同時発表される「世界人口白書 2011」のテーマも“70億人の世界”の予定です。

そんなことで、70億人が住む宇宙船地球号の乗組員がどんなものか、いつも以上に考えさせられる毎日です。今、世界はすべての人々、そして生き物たちが幸せに暮らせるとは、決して言えない状況です。1日に1000人近くの女性が妊娠や出産が原因で命を落としています。また、最近ソマリアでの飢餓が子どもたちの命を奪っているとニュースが伝えています。

この星が隅々まで平和になり、すべての人々が健康に暮らせるようにと日々願わずにはおれません。
[PR]
by joi-maba | 2011-08-18 23:29 | 日々 | Comments(0)
<< 歴史人口学で読む江戸日本 パパと怒り鬼―話してごらん、だ... >>