ブログトップ
お産婆さんに取り上げてもらいました(吉備路の総社生まれ)
安全でない中絶、世界で年に4万7000件
ゴールデンウィークが始まりましたね。
少し気持ちに余裕ができて、何カ月ぶりかで、ブログを書きます。
これからは最低月1回を目指すつもりです。

っと、自分にプレッシャーをかけている私です。


さて、最近手にした本をご紹介します。
『安全でない中絶(全世界と各地域の安全でない中絶と死亡の推計・2008年現在)』
WHO世界保健機関発行(2011発行)の日本語版で、すぺーすアライズによる翻訳です。

世界の安全でない中絶の状況を理解する上で、日本の中絶に対する規制を考える上で、また日本のリプロダクティブヘルス分野の国際協力のあり方を考える上で、参考にしてほしいとのことです。

問題山積・課題満載のこの問題を知っていただきたいと思い、すぺーすアライズからいただいた情報をお知らせします。

~本文より抜粋~

安全でない中絶による死亡は依然として、全妊産婦死亡の13%を占めています。しかし妊産婦死亡数が1990年の54万6,000件から2008年の35万8,000件へと減少するのにつれて、安全でない中絶に関連する死亡は1990年の6万9,000件、2003年の5万6,000件から2008年の4万7,000件へと減少しています。安全でない中絶は防ぐことができますが、安全でない中絶は依然として、女性の健康や生命を不当にも脅かしています。

2008年には世界中で推定2,160万件の安全でない中絶が行われ、そのほとんど全てが発展途上国で行われています。15~44歳の女性1,000人中の安全でない中絶の割合は14人と変化はありませんが、安全でない中絶の数は2003年の1,970万件と比して増加しています。安全でない中絶の割合が変化していないにもかかわらず、安全でない中絶の件数が増加している主な理由としては、生殖年齢の女性の増加が挙げられます。

安全な中絶と避妊へのアクセス、女性のエンパワメントの支援(子どもを持つかどうか、いつ産むかを決定する自由も含む。)が実施され、さらに強化されない限り、安全でない中絶の数は増え続けるでしょう。
~~
お申込み:ファクシミリまたは電子メールで、必要冊数、送付先、連絡先を明記の上すぺーすアライズまで

1冊500~1000円の発行費用カンパと送料(実費)が必要。
郵便切手で、すぺーすアライズ事務局(〒272-0023 千葉県市川市南八幡4-5-20-5A)まで。
連絡先:FAX 047-320-3553  電子メール allies@crux. ocn.ne.jp


関連書籍として、ジョイセフ発行の『死と拒絶』
どうぞご参考に!

http://www.joicfp-shop.com/item/book/deathanddenial.htm
[PR]
by joi-maba | 2012-04-28 22:20 | Books | Comments(0)
<< 喪われたレーモンド建築 歴史人口学で読む江戸日本 >>