ブログトップ
お産婆さんに取り上げてもらいました(吉備路の総社生まれ)
中国人口問題の年譜と統計:1949~2012年

こんな本が出ました!

ちょっと価格が高いので、大学図書館や、お近くの公立図書館に推薦して購入依頼をしてはいかがでしょうか。1979年から実施された「一人っ子政策」は、年月を経てさまざまなひずみが現れています。そして今、高齢化も大きな問題となっています。世界一の人口大国・中国の実情を知り、今後の指針を考えるのに最適な参考書です。


出版社の紹介文は次のとおりです。
「33年間に亘って継続してきた日中間の研究協力と最新のデータを含む「一人っ子政策」の歴史的総括!!中華人民共和国成立後の60余年間におよぶ紆余曲折の人口政策史の歴史的確認と検証、および改革・開放後のいわゆる「一人っ子政策」実施後の動向を年譜と統計でフォローする。ネット検索などではとらえられない、第一次資料的価値をもつ貴重な現実を提示するとともに、今後の中国の人口・社会学の再構築にとって重要な知見を示す。」

c0223638_17225723.jpg著者:若林敬子(東京農工大学名誉教授) 聶 海松(NIE HAISNG)
    2012年12月刊行
定価:8820円(本体8400円+税)
発売日:2012年12月
発行:御茶の水書房
[PR]
by joi-maba | 2013-01-22 17:26 | Books | Comments(0)
<< 卵子老化の真実 人口学から見た少子高齢社会  >>