ブログトップ
お産婆さんに取り上げてもらいました(吉備路の総社生まれ)
女の子の幸福論   もっと輝く、明日からの生き方
春は新刊が多いですね!
ネットでの情報収集の利点もありましょうけど、紙媒体は、やはり読みやすさという意味でいいものですねぇ!
ある年齢以上の、団塊の私など、特に感じます。

さて、 著者の大崎麻子さん は「ただものではない」、というのが第一印象です。
本を手にしたとたん、タイトルの『女の子の…』という言葉にちょっとひっかかったのですが、中身を読んでみると、すぐに違和感が失せました。

日本の十代から大人直前までの女の子には、特にお薦めしたいです。
すでに大人になっている女子にも、グローバル人としての資質が何かを再認識できるので、お薦めです。
あ、それから男子にも、もちろん読んでほしいと思いました。

著者は、国連の場で、開発途上国の女性支援の最前線で活躍後、今は日本を拠点に活動するジェンダーの専門家です。TVでお目にかかった人もおいででは…?


c0223638_14134077.png発行年月日:2013/03/25
サイズ:四六判
ページ数:222
定価(税込):1,365円

こんな内容です。

第1章 ライフデザイン、私の場合
 なぜ、こんな私が国連に!?
 「人間開発」に出会う
 「ジェンダー」ってなに?
 他

第2章 幸福を実感できない理由
 結婚=退職は危険?  他

第3章 これからの時代に必要なこと
  主体的に生きる
  クリティカル・シンキングを習慣にする

第4章 幸福になるための5つの条件
 条件1 健康に生きる あなたの心と身体は、あなたのもの
 条件2 知識を味方にする 身につけておきたいリテラシー
 条件3 経済的・精神的に自立する 専業主婦になりたいあなたへ
 条件4 政治に興味を持ち、参加する 政治はあなたの生活と未来の選択肢を左右する
 条件5 繋がるチカラを身につける ひとりで悩まないようにする

第5章 Because I am a Girl 女性は世界を変えられる
 社会のあり方を変えよう
 私の今のシゴト
 自分のペースで人生歩んでいこう

4章では、“リプロダクティブ・ヘルス&ライツ” の項があり、ジョイセフのことも書かれています。

著者がかかわっている、プラン・ジャパンのキャンペーンの一環で来日した途上国のガールズたちがみた日本の見聞録にも、興味をそそられました。

とにかく、ご一読の価値あり!です
[PR]
by joi-maba | 2013-04-14 14:58 | Books | Comments(0)
<< 殺戮をする生き物―それは、人間だけ 松本賞受賞者決定、種部恭子さんに >>