ブログトップ
お産婆さんに取り上げてもらいました(吉備路の総社生まれ)
日野原重明先生は、御年102歳

ちょっと古い話になってしまいましたが、2月1日に、御年102歳の日野原重明先生の市民公開講座をお聴きしてきました。
無料、会場がホテル、週末ということにつられて、出かけた次第です。

いくら日本が世界一の長寿国といっても、「健康寿命」が人生にとって大きな意味を持つということをこれほど強く感じたことはありません。
パワポを使いながら、ちょうど1時間、ご立派でしたねぇ。

今、日本で100歳を超える人口は、1963年に153人、半世紀後の2013年には5万4397人だそうです。
そのうち、男性は6分の1とは、女性は強い!

ただし健康寿命の平均は、
男性 70.42歳  女性 73.62歳まで 
ということで、介護が必要だったり寝たきりの期間は、それぞれ9.13年、 12.68年。

日野原先生のチャレンジ精神の一端をご披露されました。
●「葉っぱのフレディ」のミュージカルに出演、
●水彩画を楽しみ、
●100歳を超えてから書道を始め、今年も三越で展覧会を開き、売れたら新老人の会に寄付、
●俳句も

今の心境は、
「102歳はゴールではなく、関所である。二度目の東京オリンピックも見たい!」と仰せでした。
その時は、茶寿(108歳)を超えていらっしゃるのですね。

日本では、1954年に健診システムを始めてから、今年で60年。
これが長寿を達成した理由のひとつかもしれません。

ジョイセフ元会長の加藤シヅエさんは104歳まで生きて、
その足跡の偉大さで、勇気を与え続けてきました。
[PR]
by joi-maba | 2014-02-16 21:20 | 日々 | Comments(0)
<< マンホールサミット SNEP >>