ブログトップ
お産婆さんに取り上げてもらいました(吉備路の総社生まれ)
アンパンマン
2月に投稿したのですが、写真を1枚加えましたので、改めました!

お馴染みの人気者、アンパンマン
子どもたちばかりでなく、大人にも大きな共感を与えていますね。
昨年、作者のやなせたかしさんが94歳で亡くなられ、
もっともっと夢をいただきたかったのに、
とても悲しい気持ちでいっぱいになりました。

2月15日の新聞に出ていた惜別の記事をみて、アンパンマンのことをまた思い出しました。

おなかをすかせた人に自分の顔をちぎって与える―こんな優しさに、やなせさんの全身全霊が映っている気がします。

「正義は自分が傷つくことを覚悟しないとできない」
これは、生前の作者の言葉だそうです。

世界が抱える多くの問題に対処するには、根底に優しさがなければなりません。
ジョイセフの仕事にも通ずるところがあると思っています。

ところで昨年5月、出不精(デブ症)の私には珍しく、高知旅行をしてきました。
まるで野生児のように大自然にとけ込んだ日々を送っている、
小学校のクラスメイトが暮らしているのです。
ミニクラス会と称して5人ほどで旧交を温めてきました。

龍馬空港にアンパンマンがいました!

c0223638_22433535.jpg


岡山と高知の間を走る予讃線の特急「しおかぜ」などにも、アンパンマン列車があるのですよね。
4 月5日に岡山駅を11時34分に発車する「しおかぜ9号」を見かけたので、隣の吉備線に乗る寸前に偶然写せました。

c0223638_237075.jpg

[PR]
by joi-maba | 2014-04-19 23:10 | 日々 | Comments(0)
<< 記念日 ハチ公 & 明石康・ジョイセフ会長 >>