ブログトップ
お産婆さんに取り上げてもらいました(吉備路の総社生まれ)
ネパールの地震

日本でもあちこちを震源として地震が多いことを実感しています。

比較的火山や地震活動がおさまっていた20世紀を経て、今、21世紀は活発な変動が続くのが本来の地球だと言っている学者がいました。
そうかもしれないと納得??

東京にいても、一瞬怖いと感じるほどの揺れが5月30日夜にあり、エレベーターや交通機関に影響がありました。
その数日前の昼間にも、ズンと突き上げるような地震が・・・。
小さな揺れは頻繁にあります。

ネパールでは、4月25日午前11時56分(現地時間)、そして追い討ちをかけるように5月12日にはまた大きな余震が・・・!

このところ、ネパールの地震のニュースがメディアからめっきり姿を消したように思えます。

国連によると、被害状況は、6月1日現在次のとおりです。

 死者   8691人
 けが人  2万2054人
 食料援助の必要な人  350万人
 全壊した家  502130戸
 一部壊れた家  273847戸

まもなくの雨期を前に、被災した人々の生活を思うと胸が締め付けられます。
被災者への支援はまだまだまったく不十分なままでしょう。
知ること、できることは何かを考えること、実行に移すこと。
[PR]
by joi-maba | 2015-06-03 20:21 | 地球 | Comments(0)
<< シンポ 「アジアにおける人の移... サボテン 今年も花を咲かせる >>