ブログトップ
お産婆さんに取り上げてもらいました(吉備路の総社生まれ)
シンポ 「アジアにおける人の移動の現状と課題」
6月1日にこんなシンポジウムが開催されました。

c0223638_21273770.jpg


「アジアにおける人の移動の現状と課題―日本が採るべき道を探る」

主催は日本国際交流センター、会場は国連大学のホールです。

3時間半に及ぶシンポでは、様々な角度からの考察が繰り広げられました。

日本の人口減少、高齢化、外国人労働などについて、多くの視点からの報告が発表されました。日本では、すでに移民のことを真剣に議論する時期に来ているということが感じられます。

第2部の基調講演では、ジョイセフ会長を務める明石康・元国連事務次長が20分ほどのお話をしたのですが、2014年12月に人口問題協議会・明石研究会として発表した提言(『開かれ活力ある日本を創る-鍵を握る女性、若者、高齢者と外国人』)にも通じる、「アジアのなかの日本―人口減少社会・日本に求められるアプローチ」という内容でした。

c0223638_21291320.jpg



提言はジョイセフのホームページのなかで、電子書籍でもご覧いただけます。
http://www.joicfp.or.jp/jp/more/akashi-kenkyukai/

こちらにもどうぞアクセスしてみてくださいね。

鬼面人を驚かす提言は少ないかもしれませんが、少子高齢社会日本において人的資源のより有効な活用が急務なことを訴えています(提言に寄せた明石の言葉より)。
[PR]
by joi-maba | 2015-06-04 21:35 | 日々 | Comments(0)
<< 林陽子さんCEDAW委員長就任... ネパールの地震 >>