ブログトップ
お産婆さんに取り上げてもらいました(吉備路の総社生まれ)
世界人口白書 2015

本日12月3日、日本時間の午後9時1分に、国連人口基金(UNFPA)が、『世界人口白書 2015』を発表しました。タイトルは、ちょっと長~くって、覚えるのが大変なのですけどね。

から身を守る 
危機にさらされる世界に住む女性と少女のための革新的計画


c0223638_20443025.jpg


どこの国かわかりませんが、娘を抱く母親の憂いに満ちた表情。
視線の先に何を見ているのでしょう。


現在も、1億人以上が人道的援助を必要としており、その4分の1が15歳~49歳の女性と少女だというのです。
⇒ この現実が、胸に突き刺さってきます。

開発途上国の中には、10歳の少女が結婚させられる、人身売買されるなど、家族や社会からの支援を受けられない状況があります。また、世界の妊産婦死亡のうち約5分の3は、人道的危機の状況下で命を落としています。
⇒ この現状を想像してみました。
 私自身は、日々、食べ物も身の安全も特に不自由なく暮らしていられますので、ここで、何とかしなくちゃ!という思いでいっぱいです。


人道支援と言えば、食料、水、避難所や仮設住宅などが優先され、セクシュアル/リプロダクティブ・ヘルス(性と生殖に関する健康)関連のニーズは後回しにされています。人道的危機の状況であっても、妊娠や出産はあります。

女性と少女の健康と権利を中心にすえた人道支援活動は、9月の国連総会において全会一致で採択された「持続可能な開発のためのアジェンダ2030」の重要な項目のひとつとされました

⇒ 人道危機下に暮らす彼女たちのニーズを満たし、権利を保障するために、私たちも行動を起こさなければなりませんね。
[PR]
by joi-maba | 2015-12-03 21:01 | Books | Comments(0)
<< 新成人人口は121万人 グローバル時代の難民 >>