ブログトップ
お産婆さんに取り上げてもらいました(吉備路の総社生まれ)
松本賞の20回目 岩下光利氏に授与

日本のリプロダクティブ・ヘルス分野で活躍している第一人者に対し、その功績を讃えて贈呈する「松本賞」の第20回の授賞者が決まったそうです。

杏林大学医学部産科婦人科学教室教授、同医学部付属病院病院長・岩下光利氏です。

c0223638_175531.jpg


プロフィールから少し抜粋してみます。

「岩下氏は、1975年慶應義塾大学医学部卒業。米国での留学・研究生活、東京女子医科大学教授、杏林大学医学部産科婦人科教授等を経て、15年4月より同病院長を兼任。
専門は周産期医学、生殖内分泌学。学会ほか多くの関連組織で要職を務め、学術面だけでなく社会活動に幅広く貢献している。
周産期専門医制度の確立に尽力し、この制度の運用開始以来、周産期医学を目指す若手産婦人科医が大幅に増加したことは周知の事実である。」

贈呈式は、6月16日にグランドヒル市ヶ谷で開催される予定ですので、そこでの喜びの表情をお伝えしましょう。
[PR]
by joi-maba | 2016-04-07 17:55 | 日々 | Comments(0)
<< 4 月10日は女性参政権70年 明石研究会 提言の英語版が完成 >>