ブログトップ
お産婆さんに取り上げてもらいました(吉備路の総社生まれ)
74億3266万3275人(7月1日)
2016年が半分終わり、7月1日になりました。
今年の折り返し点ですね。

今日の人口は、74億3266万3275人
これは国連人口部の「世界人口推計 2015年版」が出典です。
1 の位までの数字が出ていますが、あくまでも推計値ということ。

日本の人口は、1億2632万3715人となっており、
当然のことながら国勢調査による統計とは差があります。

私が生まれた年から、なんと約3倍に増加しているとは!

さて、7月11日は「世界人口デー」です。
1987年のこの日、世界人口が50億人に達したことを記念して、
国連人口基金が提案し、1989年の国連総会で正式に「世界人口デー」とされました。

国連人口基金は今年の人口デーのテーマを
10代の女性への投資」としています。

50億人目に認定されたのは、ユーゴスラビア(現クロアチア)のマテイさん。
11日には29歳の誕生日を迎えることでしょう。

10億から20億人になるには123年かかりましたが、
その後、10億人増えるのにかかる年数が、どんどん短くなっていますね。

西暦元年には2~4億人
1804年に  10億人
1927年に  20億人(123年)
1960年に  30億人(33年)
1974年に  40億人(14年)
1987年に  50億人(13年)
1999年に  60億人(12年) 後の推計では1998年とされています。

2011年に  70億人になりました。

世界1位の中国は、2021年頃にインドの人口と逆転するそうです。
2024年には人口80億人の世界になると予想されています。

人口、環境、食糧など、世界がかかえる問題はあちこちにひずみとなって現れて、解決の糸口を見つけることさえ難しくなっているように思えます。
相変わらず毎日のように、どこかでテロや殺戮が続いています。
なんとかしなくちゃ!!
[PR]
by joi-maba | 2016-07-01 18:56 | 地球 | Comments(0)
<< 吾 唯 足るを知る 第20回 松本賞受賞式 >>