ブログトップ
お産婆さんに取り上げてもらいました(吉備路の総社生まれ)
国連デーは10月24日
10月は、国連の定める国際デーが、1日の国際高齢者デーに始まり、11日の国際ガールズデーなど16もあります。
非暴力、貧困撲滅、飢餓をなくす、統計や情報収集を通して政策に反映させる、など世界が少しでもよくなるようにと啓発する記念日が並んでいます。

ところで24日は、71年前に国連が開設された記念の国連デーです。
日本が戦争によって誰一人として殺していない年数と同じですね。


そもそも国連ができたのは、二度にわたる世界大戦の反省の上にたって、
平和・安全の維持
諸国間の友好関係の発展
経済的・社会的・文化的・人道的な国際問題の解決
人権・基本的自由のための国際協力

などをめざしてのことです。

c0223638_14321450.jpg


「国連憲章」を読み返してみました。
111の約束が書いてあります。
この内容が世界の74億人すべてに恩恵をもたらすことの困難さは、今なお、各地で起こっているテロや殺し合いが一向になくならないこと如実に示しています。
新聞やテレビのニュースでは、毎日のようにこれを伝えています。

ホモサピエンス(ヒトの学名)という生き物は、こんなにもおろかな存在なのか。
叡智の人という意味が泣いています・・・。
殺戮、暴力、富の偏在、貧困、などなど。
地球に住んでいて、息苦しい状況です。


周縁に追いやられた人たちの誰をも取り残さないという持続可能な開発目標に盛り込まれた17のこと。
今年からスタートしたこの目標が2030年までに達成されるようにと、希望を捨ててはいけないと思いながらも、なぜか心が晴れません。
[PR]
by joi-maba | 2016-10-24 23:27 | 地球 | Comments(0)
<< 国連加盟60周年 ジーコのつぶやき : スポーツと平和 >>