ブログトップ
お産婆さんに取り上げてもらいました(吉備路の総社生まれ)
カテゴリ:ボキャビル通信( 27 )
黒衣の刺客

映画 「黒衣の刺客」が12日から公開されます。
第68回カンヌ国際映画賞(監督賞)の受賞作品で、「こくいのしきゃく」 とフリガナがつけてありました。
http://eiga.com/movie/81536/ 

刺客 は もう 「しきゃく」 が普通の読み方なんですかね??
本来は 「しかく」 なのに!!

黒衣は、「こくい」と読んで、黒い衣服のこと。

★前置きが長くなってしまいました。
よく「くろこ」という言葉を聴くことがありますが、これは「くろご」が正しく、漢字で書くと黒衣。

歌舞伎の舞台で後見が着ている黒い衣服、またはそれを身に着けた人のことを、黒衣(くろご)と言うそうです。
一般に使われる時には、表に出ることなく陰で助ける役割を果たす人のこと。

「ほくろ」を漢字で書くと「黒子」。
文字変換でも簡単に出てきました。当て字ですけど、辞書にも出ていますし、うなずけますね…。

あれこれ並べてしまいました。

黒子: くろこ ではなく ほくろ
黒衣: こくい と くろご 


と伝えたかったのです。
ま、堅苦しいことは言わず、言葉は時代とともに変わることを柔軟に受け入れるほうが、人生楽ちん?かもね。
[PR]
by joi-maba | 2015-09-05 09:55 | ボキャビル通信 | Comments(0)
Vサイン
カメラに向かってポーズをとるときなどに V サイン(ピースサイン)をする人をよく見かけます。
これに関連して、今回はひとことだけ書きたいと思います。

27日、国際文化会館で新渡戸国際塾の公開講演を聴いてきました。
ジョイセフの会長でもある明石康塾長(国際文化会館理事長)のもと、
次代を担う国際的な人材育成のため、2008年に開校されているものです。

この日の講師は、ユニセフ東京事務所代表の平林国彦さん
テーマは、「世界との対話から見えてくる2030年の世界」でした。

自身の生い立ちや経験を交えながら、ゆっくりした口調で、世界の子どもたちの現状や、今後に向けてなすべきことなど淡々と話す語り口に聴き入ってしまいました。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪ 

フィリピンでの子どもたちの写真を見せてくれましたが、みんな指を1本立てています。
指を2本立ててVサインをしていないので、思わずあれっと思ったのですが、平林さんから説明がありました。

平和を表わすために指1本を立てる。
V はビクトリー、つまり勝つことで、同時に負かした人がいるからだと。


そうだったのかと、とても共感を覚えました。

私は V サインに前から違和感があって、一度もこれをしたことがありません。
[PR]
by joi-maba | 2015-06-28 18:53 | ボキャビル通信 | Comments(0)
カメレオンから得た教訓

前国連エイズ合同計画事務局長のピーター・ピオットさん(ロンドン大学衛生熱帯医学大学院学長)が、
回想録『ノー・タイム・トゥ・ルーズ―エボラとエイズと国際政治』
を出版されました。日本語版(慶應義塾大学出版局)も出ました。


この中に、カメレオンから得た教訓が書いてあるそうです。

要約すると、

(1)カメレオンの頭は常に同じ方向を見ている(長期的な目標を定めて、それに専念せよ)、
(2)カメレオンの目は周囲の状況を見るために絶えず動く(常に備えよ)、
(3)カメレオンは環境に応じて色を変える(目標を達成するために柔軟であれ)、
(4)カメレオンの動きは慎重(注意して動け)、
(5)カメレオンは舌で獲物を取るが、早すぎても遅すぎても獲物を逃がす(タイミングが重要)。


この話は、ピオットさんによると次のエピソードがヒントになっていると言います。

―― ある時、ウガンダの首都カンパラのレストランで、後にUNAIDSで私の後継者となるマリ出身のミシェル・シディベと、人生について話していました。

ミシェルはある話をしてくれました。彼の部族では、思春期を迎えた少年は大人になるための儀式を受けます。少年にカメレオンを与え、1週間観察させるのだそうです。カメレオンを眺めているだけで、人生の教訓を学ぶことができるからです。
[PR]
by joi-maba | 2015-06-24 13:22 | ボキャビル通信 | Comments(0)
平均寿命
平均寿命について『世界人口白書2014』から引用してみます。

平均寿命とは生まれた時の平均余命のことです。
日本女性の平均寿命は87歳で世界一、そして男性は80歳で10位以内に入っています。長生きですね。「人生50年」と言われた時代もありましたが、その後の寿命の延びは驚嘆に値します。

健康寿命と亡くなるまでの差があるなど、必ずしも長寿を喜べない面がありますが…。元気な高齢者は、よく出かけ、人とおしゃべりをし、毎日を楽しんでいることが特徴的だと思えます。

それにしても、アフリカには、まだ平均寿命が40代の国々があるのですから、生まれてから日々の生活がどれほど過酷なのか想像できます。

また、通常は女性のほうが長生きですが、女性の平均寿命のほうが短い国があるのですね。ボツワナ(女性47、男性48)
スワジランド(女性49、男性50)
です。妊娠と出産に関連することも大きな要因でしょう。

シエラレオネ(女性46、男性45)
レソト(女性50、男性49)
中央アフリカ共和国(女性52、男性48)
コンゴ民主共和国(女性52、男性48)
……いずれもアフリカの国々です!

どこの国に生まれるかによって、こんなにもその後の人生が違ってくるのです。

途上国では先進国ほど正確な統計をとるのは難しく、国連が推計値をはじき出していますが、日本も終戦の年までの3年ほどは統計をとるのが困難だった項目があります。

多くの戦死者を出したため、男性の平均寿命は23歳だったと聞いたことがあります。

平和がどれほど大切なことか、解決策は一筋縄では見つかりませんが、世界全体で真剣に考えなければと思います。
[PR]
by joi-maba | 2015-04-01 20:30 | ボキャビル通信 | Comments(0)
ビリオネア

米誌フォーブスが3月2日に発表した世界長者番付が、新聞で紹介されていました。
世界の富はますます限られた人に集中していますね。

世界のトップは前年に続きビル・ゲイツ氏の792億ドル日本一はユニクロの柳井正さん(41位)。

資産10億ドル(約1200億円)以上の富豪を「ビリオネア」と呼ぶそうな。
へ~、知りませんでした。

資産額は、想像の限界を超えて、私には全くピンときませ~ん。

ユニクロは、ジョイセフを支援してくれています!!
[PR]
by joi-maba | 2015-03-05 19:27 | ボキャビル通信 | Comments(0)
国際光年
今年2015年は、国連が決議した「国際光(ひかり)年」

住民の生活と多様なレベルの地球社会の将来の開発のための光および光技術の重要性を認識し、 光科学および光技術の世界的な認識の向上とその教育を増やすことは、持続可能な開発、 ・・・・・・ 光科学と光技術の応用は・・・・・・。

上記はほんの一部だけです。
蜿蜒(えんえん)と続く文書の引用は、頭がくらくらしてきますので、やめておきます。

「光」と言えば、いつからこんなにイルミが流布したのでしょう。
イルミは、きれいですけどねぇ。

夜になっても明るすぎて星も見えやしない! 
私の行動範囲で見えるのは、金星だけです。
 ったくもう!!
より自然に即した、そして安全面に配慮した、最低限必要な時間帯の光だけにしてもらいたいと思うのは、世間では通用しないのかも?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2016年は国際豆年とのこと。
何年も前の2008年は、国際ポテト年というかわいいネーミングでした。

日本人にも広く耳と目に残っているのは、1979年の「国際児童年」かと思います。
ゴダイゴの歌が、流れていたことを覚えている人もいるのでは?

Every Child Has A Beautiful Name・・・

ゴダイゴも若かった。 そして私も・・・。

森英恵デザインのTシャツもあったような・・・。

と言ってもこの年にすでに子ども以上の年齢の人にしかわかりませんね。

ほとんど毎年のように国連が記念の年を設定していても、どうも抱える問題の解決や平和に結びついていない気がしてなりません。
[PR]
by joi-maba | 2015-02-15 22:26 | ボキャビル通信 | Comments(0)
センテナリアン
センテナリアン(centenarian)とは、100歳以上の人のこと。
日本のセンテナリアンの鏡は、ご存知、
103歳の日野原重明先生
でしょうか!
講演、執筆、ミュージカル出演、・・・。
そして、「・・・長」という肩書がいっぱい。大活躍ですね。

先日届いた「人口統計資料集 2015」にこんなページを見つけました。
(国立社会保障・人口問題研究所 発行)

日本の百歳以上人口は、

1963年 総数 153  男 20 ・女 133    (86.9%)

1998年に1万人を超えた!

2000年 総数 13,036  男 2,158 女 10,878(83.4%)

2003年に2万人を超えた!!!

2005年 総数 25,554  男 3,779 女 21,775(85.2%)
2010年 総数 44,449  男 5,869 女 38,580(86.8%)
2014年 総数 58,820  男 7,586 女 51,234(87.1%)

各9月1日現在の数字です。カッコ内は総数に占める女の割合。

すごいですねぇ。まったく・・・。

私めは、60代のぞろ目の年齢。
これを 緑寿(ろくじゅ) と呼ぶそうな。

と言っても、日本百貨店協会が2002年に言い始めたとか。

これからも健康第一に、生きようっと!
でも、・・・・っ子世にはばかるのも、ハタ迷惑でしょう。
ころ合いをみて、「はい、さよなら」と逝きたい気持ちです。
[PR]
by joi-maba | 2015-02-09 23:26 | ボキャビル通信 | Comments(0)
雪上のホワイトリボン
蝋梅、水仙、梅・・・。
春を告げる花々の便りが聞こえてきます。

30日には市ヶ谷のオフィス付近でも昼ころまで雪が降りました。
夕方帰る時には、雨も上がり、日陰でも雪はほとんど消えていましたが、
23区の西はずれ近辺では、思いのほか道路の隅に残っていました。

藤沢に住む知人は、雪ではなく曇り空の冷たい一日だったと伝えてくれました。

一夜あけて今朝、小さな庭に誰かが付けた足跡を見つけました。
ホワイトリボンに見えませんか!

c0223638_13212751.jpg


ジョイセフは、世界の妊産婦たちの健康を守るホワイトリボン運動を進めています。
白いリボンには、妊娠や出産により亡くなった女性たちへの哀悼の意が込められています。
悲しみを乗り越えて明日への希望を広げる運動の象徴です。


春の予感があちこちに見られます。
ご近所の沈丁花のつぼみも膨らんできました。
間もなく立春。
余寒に負けず、元気に過ご したいですね。
[PR]
by joi-maba | 2015-01-31 13:36 | ボキャビル通信 | Comments(0)
必殺技
今年も半分の折り返し点を過ぎました。
日々、心の痛むニュースばかりが目についてしまいます。

「イラク、6月の死者 2417人」 このうち、民間人は1531人。
イスラエルとパレスチナ、シリア、ウクライナ・・・・・。
西アフリカでは、致死率90%のエボラ出血熱が猛威を・・・。


以下は、没になった投稿原稿です。
もう時効と思いますので、ここに掲載することにします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
過激になる恐ろしい言葉

見たくない言葉やとげのある言葉が、紙面やニュースから一向に減らない。

例えば、A新聞の
リレーおぴにおん 私の必殺技」だ。
「殺」という字に身が震える。

4月30日付け記事に登場したのは「暮しの手帖」編集長のM氏であるが、取材を受けた際に「必殺技ではなく、必勝法と置き換えてはどうか」と提案してほしかった。

実際、記者の質問に対して、必殺技という言葉を使って答えたのだろうか。

「暮しの手帖」を手がけてきた大橋鎮子氏、花森安治氏が、草葉の陰でどう思うだろう。
コラム名である題字はともかく、「本文中にもこの言葉で記事にするなら、掲載を断る」くらい言ってほしかった。

スポーツの場面でよく目にするが、戦争や紛争の場でもないのに、「足の長さを武器に」「戦士のほっとタイム」などという言葉が使われている。

武器は他人を傷つけ、殺し合うのに用いるもの。辞書には「比喩的に用いることがある」と書かれていても、私はこの言葉を絶対に使わない。強み、優位性、持ち味などに置き換える。この場合の戦士はアスリートでよいと思う。今なお、戦禍の中で暮らす人たちを思うと、安易な言葉に接する時、文字が心に突き刺さってくる。

言葉が大げさに、しかも恐ろしくなってくる。日本人が食事の際に箸置きを使う理由は、とがった箸の先を相手に向けないためだという。このような心使いは日本の誇るべき文化であろう。
[PR]
by joi-maba | 2014-07-02 22:52 | ボキャビル通信 | Comments(0)
家事場のパパヂカラ

毎年、6月23日から29日までの1週間は、
男女共同参画週間

2014年のキャッチフレーズは、

家事場のパパヂカラ


とても気が利いていて、ユーモアがあって、なんとも面白い!
すぐに覚えられました。

「男女共同参画社会基本法」が公布・施行されてから、すでに15年。

15年たって、どれくらい浸透したでしょうか?
まだまだ、遠い道のりに思えます。

でも、あきらめてはいけませんね。
男も女も、同じ人間。共存していきましょう!
[PR]
by joi-maba | 2014-06-06 22:33 | ボキャビル通信 | Comments(0)