ブログトップ
お産婆さんに取り上げてもらいました(吉備路の総社生まれ)
カテゴリ:日々( 64 )
島崎藤村が生きた時代の保健事情

小諸といえば島崎藤村の「千曲川旅情のうた」で有名です。
島崎藤村は明治5年(1872年)に生まれ、昭和18年(1943年)に亡くなりました。
71歳でしたから、「人生50年」と言われた戦前にしては、決して短くなかったと思います。

ところで、ジョイセフの活動がめざすのは、
妊産婦と女性を守ることです。
妊産婦死亡の削減に全力で取り組んでいます。


藤村記念館で年譜を見て、当時の母子保健事情に驚きました。
c0223638_20233791.jpg

1899年   教え子の冬子と結婚
1900年5月  長女 みどり誕生
     (7歳のとき、はしかによる脳炎で死亡)
1902年3月  次女 孝子誕生  
1904年4月  三女 縫子誕生 
1905年5月  三女 縫子死亡
1905年10月 長男 楠男誕生
1906年4月  次女 孝子死亡
1906年6月  長女みどり死亡
1907年9月  次男 鶏二誕生
1908年12月 三男 蓊助誕生
1910年8月 冬子 四女の柳子を産んだ日
    ★出血多量により死亡★

3男4女がいましたが、冬子は4人の幼子を残して亡くなりました。
胸がつまります。悲しい現実です。
統計によると、冬子が亡くなった1910年の妊産婦死亡数は、6228人
冬子も、この 6228人の一人なのです。
この年の出生10万あたりの妊産婦死亡率は、 363.6。
2015年現在、アフリカのエチオピアやマダカスカルとほぼ同じ。

もし今だったら、命を落とした3人の子どもと、
妻の冬子は死なずにすんだのではないでしょうか。

冬子は次々に妊娠し、
幼くして3人の娘を失い、
自らも四女の出産時に、出血のため命を落とす。
しかも1906年には、同じ年のうちに続けて2人の子どもを失っています。

乳児死亡率も妊産婦死亡率も世界でもっとも低い水準を達成した、
日本の母子保健向上の過程は、途上国にとって大いに役立つ経験です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
8月、信州へのプチ旅行で、小布施の街ウォーキングを
楽しんできた時、長野電鉄に乗って鉄橋を渡りながら
車内から一瞬だけ見えた千曲川の流れをみて、
次は小諸に行こうと思ったのです。
新潟では信濃川と名をかえて日本海に注ぐ
日本一の長さをほこる大河。
c0223638_20224261.jpg

そんなわけで、9月に小諸に行ってきました。
東京から日帰り圏内、現地で5時間あまり過ごせます。
天気予報を見てから前日に切符を買って、
東京発 8時44分の新幹線 はくたか 555号。
佐久平から小海線に乗って小諸駅に10時28分着
小諸を後にしたのは、16時22分
佐久平で乗り換え、あさま 624号で上野駅着18時06分

ひとり旅の秋のひと時でした。


[PR]
by joi-maba | 2017-10-03 20:25 | 日々 | Comments(0)
対馬ルリ子さんに松本賞
第21回松本賞を 対馬ルリ子さんが受賞!!
女性の受賞は4年前の種部恭子さん以来です。
対馬さんを含め、今までの受賞者は、33人。
そのうち女性が10人になりました。

14日の贈呈式には、お母さまから譲られたという着物姿で登場。
とってもお似合いで、すてきでした。

c0223638_21023082.jpg
青森出身で1984年に弘前大学を卒業後、東大産婦人科学教室に入局。
このころ、東大がやっと女性を受け入れるようになったばかりとのこと。
その後、墨東病院産婦人科医長、
女性のための生涯医療センター ViVi 所長などを経て、
2002 年にウィミンズ・ウェルネス銀座クリニックを開院

全人的女性医療に取り組み、社会活動の一環で
女性医療ネットワーク」の設立に尽力。
女性の生涯にわたる健康の向上のために、さまざまな情報提供と啓発活動も。

受賞スピーチでは終始笑顔で、幼少のころからの生い立ちに始まり、人生の進路を決める過程、その後の医師としての活動と取り組みを話されました。
並々ならぬ、強い志がにじみ出ています。
そして、本当の意味で、女性と弱者に寄り添うことをライフワークにしていることが伝わってきました。

今後のますますのご活躍に期待しています。

松本賞は、故松本清一先生のお名前を冠した顕彰制度で、
リプロダクティブ・ヘルス分野で功績をあげた第一人者に授与するもの。
主催は日本家族計画協会です。



[PR]
by joi-maba | 2017-06-14 21:44 | 日々 | Comments(0)
平均寿命の不思議?!
ちょっと七面倒くさいことを言いますが、お許しください。
そして、これを企画した関係者には、ゴ・メ・ン・ナ・サ・イ ね。
登壇されたお二方のトークは聴き手に多くの示唆を与えるものであり、十分満足できるものでした。
司会者の進行も、切り口がさえていたことは添えておきます。

が、このイベントのテーマは
オンナの一生 人生八十五年 まだまだ広がる女のつながり」というもの。
ここでなぜ、八十五年なのか、と事前に幾人かから意見が出ましたが、当然ですよね。
平均寿命が86歳を超えているのに、それより短い設定だなんて!
平均寿命は、0歳のときの平均余命のこと。

85歳の女性の平均余命は、さらに8年あまり!
好意的に考えれば、健康寿命を意識してのことかも?

今日本の平均寿命(2015年)は、
男性80.75歳、
女性86.99歳

男女とも世界最高レベルです。
「人生50年」と言われていた時代があることを思えば、隔世の感です。

樋口恵子さんは、すでに2013年に『人生100年時代の船出』を世に出しています。

もっとも20数年前の1994年には、『過ぎてしまえば短い一生。人生八十年いろはがるた』という本が刊行されていましたけどね。
[PR]
by joi-maba | 2017-05-22 16:41 | 日々 | Comments(0)
子どもの人口
5月5日はご存知子どもの日。

「こどもの日」にちなんで総務省統計局が数字を発表しました。

こどもの数は1571万人,
 36年連続の減少。割合は12.4%,43年連続の低下。

○こどもの数は東京都で増加。割合は沖縄県が最も高く,秋田県が最も低い。

写真は2014年のものです。
子どもの城はすでになくなっています。
c0223638_17495646.jpg

[PR]
by joi-maba | 2017-05-04 17:53 | 日々 | Comments(0)
女性の指揮者
3月に行ったコンサートの圧巻は、ダッタン人の踊りでした。
合唱付きの演奏には、高校時代の思い出が詰まっている~~。
みんなで、歌いました。ウン十年前の話です。

指揮者は、西本智実。とってもパワフルです。
女性の指揮者がもっと増えるといいと思いました。
以前、三ッ橋敬子のも聴いたことがあるけど、どちらも個性が光っています。

c0223638_0141651.jpg


c0223638_012315.jpg




c0223638_0143231.jpg
オーチャードホールには初めて行きました。
東急デパートで買った、もちどらが、かわいいハチ公です。
美味しくて、ほっぺが落ちそう。渋谷限定かもね〜。
[PR]
by joi-maba | 2017-04-10 00:21 | 日々 | Comments(0)
男女共同参画  進展か!
朗報というか、信じてよいのかちょっと複雑な気持ちではありますが、
国会や地方議会の選挙で男女の候補者数をできるだけ「均等」
にするよう政党に求めるという法案が今国会で成立しそうとのことです。

政治分野における男女共同参画推進法案」は努力規定で
罰則はないものの、一歩前進した気がします。
男女「同数」とはできませんでしたが、徐々にでも変わって
いくことを強く期待したいです。

今まで、70年にわたる先輩たちの並々ならぬ
地道な努力あってのことですから、本当に頭が下がります。


もちろん、女性側がもっと能力を高めることが必須で、
同時に周りからのサポートがないと議員という仕事を
全うするのは大変だと思います。

列国議会同盟の今年1月の発表では、日本の衆院議員数は、
193カ国中163位にとどまっています。
次の選挙でどれくらい改善されるでしょうか?!
自民党がどう動くかも見物です。
女性ならよいというわけではありません

関連することですが、女性の働き方について、
男女雇用機会均等法は大きな意義があったと思います。
あれから30年。
問題点もたくさん出ていますが、前進したことは認められます。
第1号の総合職の方々のご苦労がしのばれます。

男女共同参画といっても、これからは、、男性も女性も
LGBTQの人も、誰もが「人間」ということで、
共に社会の一員でありたいと思います。
[PR]
by joi-maba | 2017-03-01 14:31 | 日々 | Comments(0)
女性国会議員比率
今日届いた雑誌 「女性展望」 に、
世界の女性国会議員比率

のランキングの記事がありました。
列国議会同盟(IPU)のデータをもとに、同誌の編集部がまとめたもの。

日本のランクに驚くなかれ!!
下院(衆議院)は、 193カ国中 159位
1位は、ルワンダ

上院(参議院)は、 7カ国中 41位
1位は、ベルギー

クオータ制を導入すれば、改善されると思いますが、
歯がゆいほど、実現がされない。

日本は先進国とは恥ずかしくて、言えません。
折しも2016年は女性参政70年というのに・・・。
来年こそ、汚名返上を!!


[PR]
by joi-maba | 2016-12-30 20:54 | 日々 | Comments(0)
早起きは三文の何とやら 虹が見えた!

2日の朝6時半過ぎ、西の空に大きな虹が出ました!
家(長屋)の窓からこの方角に虹を見たのは、私、初めて。
下手な写真ですが・・・。

c0223638_20514080.jpg



不思議なのは、新聞にもTV にも、虹のニュースがないこと。
この写真、2016年8月2日撮影
本物ですよ~、念のため・・・。

日々、嫌なニュースや悲しいニュース、怒りを感じるニュースばかり。
久しぶりの心休まるひと時でした。
[PR]
by joi-maba | 2016-08-03 20:53 | 日々 | Comments(0)
吾 唯 足るを知る
昨日、武相荘を訪ねました。
白洲次郎・正子夫妻の旧宅です。

急に夏の日差しと暑さに見舞われた日ですが、木々の緑とかやぶきの静かな佇まいの中では、
涼しささえ感じました。

調度品。食器などの展示には目を奪われます。

庭を一回りしたとき、「吾 唯 足るを知る」と彫られた蹲(つくばい)が目にとまりました。
以前、京都の竜安寺にあると聞いていて、いつか行ってみたいと思っていたのですが、
武相荘にもあり、心がおどりました。

c0223638_1983850.jpg


吾 唯 足るを知る
真ん中の 口 のところにはトクサ?のような葉(茎?)が伸びていました。

実にいい言葉だと思いませんか。
人の生きる道で忘れてはならないと、いつも思っています。
[PR]
by joi-maba | 2016-07-03 19:13 | 日々 | Comments(0)
第20回 松本賞受賞式
昨日(6月16日)、第20回の松本賞の贈呈式に出てきました。
受賞者は、以前のブログにも書きましたとおり、杏林大学医学部附属病院院長の岩下光利先生です。

c0223638_11522357.jpg



受賞理由のひとつに、学術面、臨床面だけでなく社会活動にも幅広く貢献されたことも特筆されます。

c0223638_11543826.jpg

c0223638_11553312.jpg



東日本大震災の時、支援態勢や情報が行き交う混乱のなか、震災対策復興委員会としてマニュアルを作成し、情報を一本化して、各地の産婦人科の学会・医会が一丸となって支援する牽引役を務められたのが、まさに岩下先生だったのです。
受賞者スピーチのなかで、そのご苦労について述べておられたことは、特に心に残りました。

そして今、東日本の教訓をさらに発展させて、熊本地震への支援にも取り組んでいるそうです。
下手な写真ばかりですが、式の様子をお知らせします。

それにしても、今回で20回目となる松本賞の歴史を感じます。
[PR]
by joi-maba | 2016-06-17 12:02 | 日々 | Comments(0)