ブログトップ
お産婆さんに取り上げてもらいました(吉備路の総社生まれ)
カテゴリ:日々( 64 )
4 月10日は女性参政権70年

1946年4月10日に、女性が総選挙で初めて参政権を得て、39人の女性議員が誕生しました。この中にはジョイセフ元会長の加藤シヅエ(故人)もいます。娘のタキさんを抱いて投票に出かけたと聞いたことがあります。
以来70年が経過した今、衆院の女性議員比率は9.5%、列国議会同盟(IPU)の下院では191カ国中156位、経済協力開発機構(OECD)加盟34カ国では最下位。ああ、何という現実でしょう。
ハーフ ザ スカイ――天は男女半々で成り立っているのに。

10日の日曜日、上智大学四谷キャンパスで開かれたシンポジウムを聴いてきました。
『日本の女性議員-どうすれば増えるのか-』(朝日選書)の出版記念を兼ねた催しです。

c0223638_22522369.jpg


夏の参議院選挙に向けて、女性議員を増やすために多様な方策を探り、行動しなくては、と心から思っています。選挙権が18歳からになり、若者が投票に参加する年ですし、若者の力にも期待したいところです。山を動かしていけるよう、共に取り組みましょう。

韓国と台湾ではどちらもトップが女性、クオータ制の導入で議員もそれぞれ30%以上となっていますが、女性の意欲の強さが行動に結びついて、この結果をもたらしたということです。同じ東アジアの国、日本では、なぜ議員比率10%以下から脱却できないのでしょう?

堂本暁子さんも発言し、「日本へのビジョンをもっていて、リーダーシップがあり、国民のために行動できることが、議員に求められる」のだと。そして自らのことを、「この夏には84歳になるが、いい人生だったと思っている」としみじみ語っていました。

c0223638_22482864.jpg

シンポの内容と登壇者は次をご覧ください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
女性参政70周年記念シンポジウム
女性を議会へ 本気で増やす!


【第1セッション】
『日本の女性議員』(朝日選書)出版記念シンポジウム
「女性議員の切り拓いた道」

   三浦まり(上智大学教授)
   進藤久美子(元東洋英和女学院大学教授)
   国広陽子(元東京女子大学教授)
   大山七穂(東海大学教授)
   竹安栄子(京都女子大学地域連携研究センター長)
   目黒依子(上智大学名誉教授)
   橋本ヒロ子(十文字中学・高校校長、女性の地位委員会日本政府代表)

【第2セッッション】
東アジアの躍進に学ぶ 「韓国・台湾の女性議員はなぜ増えたのか?」

   金銀姫(韓国緑の党共同政策委員長 ,前女性政治勢力民主連帯代表 )
   李永萍(台湾文化創造産業連盟協会理事長,元立法院委員,元台北市副市長)

【第3セッション】
女性議員を増やすための決意スピーチ 「女性を議会へ 本気で増やす!」
[PR]
by joi-maba | 2016-04-11 22:53 | 日々 | Comments(0)
松本賞の20回目 岩下光利氏に授与

日本のリプロダクティブ・ヘルス分野で活躍している第一人者に対し、その功績を讃えて贈呈する「松本賞」の第20回の授賞者が決まったそうです。

杏林大学医学部産科婦人科学教室教授、同医学部付属病院病院長・岩下光利氏です。

c0223638_175531.jpg


プロフィールから少し抜粋してみます。

「岩下氏は、1975年慶應義塾大学医学部卒業。米国での留学・研究生活、東京女子医科大学教授、杏林大学医学部産科婦人科教授等を経て、15年4月より同病院長を兼任。
専門は周産期医学、生殖内分泌学。学会ほか多くの関連組織で要職を務め、学術面だけでなく社会活動に幅広く貢献している。
周産期専門医制度の確立に尽力し、この制度の運用開始以来、周産期医学を目指す若手産婦人科医が大幅に増加したことは周知の事実である。」

贈呈式は、6月16日にグランドヒル市ヶ谷で開催される予定ですので、そこでの喜びの表情をお伝えしましょう。
[PR]
by joi-maba | 2016-04-07 17:55 | 日々 | Comments(0)
宮埼勇氏と人口問題協議会
元経済企画庁長官の宮埼勇氏が、3日に亡くなったそうです。
92歳でした。

9日朝早く、まだうとうとしている中でラジオからニュースが聞こえて、はっとして目が覚めました。
朝刊を広げると真っ先に訃報が目に入り、「巨星落つ」と感じたことです。
またひとり、惜しい人が鬼籍に入られました。

宮埼勇氏は、ジョイセフが事務局を務める人口問題協議会ともつながりがありました。
人口問題協議会の会長は、元外務大臣・大来佐武郎氏が1993年に亡くなった後、数年間空席でしたが、協議会の熱心な会員でジャーナリストのO氏が宮崎氏に会長職を打診したところ、「自分は引き受けられないが・・・」と明石康氏を紹介してくれたのです。

そして、明石氏が1998年に会長に就任し、現在に至っています。
宮崎氏も協議会の研究会に何度か顔を出されていました。
温厚なお人柄がにじみ出ている印象でしたが、時にきっぱりと発言をなさる姿を思い出します。

2007年に人口問題協議会が
政府開発援助(ODA)に関する提言
を発表した際には、提言の賛同者に名を連ねてくださいました。


明石氏は、2007年からはジョイセフの会長にも就任しました。
宮崎氏のお蔭で、人口問題協議会とジョイセフの会長として明石氏を迎えることができたのです。

出身地の佐賀新聞に、評伝が出ていました。
http://www.saga-s.co.jp/news/saga/10101/266936
[PR]
by joi-maba | 2016-01-12 21:20 | 日々 | Comments(0)
申年生まれの人口は991万人
平成28年はどんな年になるでしょうか?
平成生まれが、アラサ― とは、早いものですね。

さて、総務省統計局の発表によると、

申(さる)年生まれが総人口1億2683万人に占める割合は7.8%
男女別にみると、男性は480万人、女性は512万人で、女性が男性より32万人多い

出生年別では、昭和43年生まれ(平成28年に48歳になる人)が182万人と最も多い

総人口を十二支別にみると、丑(うし)年生まれが1111万人で最多。
未(ひつじ)年(1100万人)、子(ね)年(1095万人)と続く

申(さる)年生まれは11番目

maba は、丑(うし)年 です。
[PR]
by joi-maba | 2015-12-31 21:26 | 日々 | Comments(0)
新成人人口は121万人

総務省統計局の発表がありました。

平成27年1月~12月に新たに成人に達した人口(平成28年1月1日現在20歳の人口)は121万人
前年と比べると5万人の減少
男女別では、男性は62万人、女性は59万人で、男性が女性より3万人多い
総人口に占める割合は0.95%

昭和24年(1949年)生まれが成人に達した45年が246万人で最も多かった
団塊の世代である maba が生まれたのは 1949年で~っす。

数字だけ並べてみると無味乾燥ですが、人口減少を象徴していますね。
かといって、人口を増やす目標として、平均子ども数1.8にという出生目標を立てるなど、どうかと思いますけど・・・。
それに、1.8には、なるはずもないですよ~~。
[PR]
by joi-maba | 2015-12-31 21:07 | 日々 | Comments(0)
高齢者人口、ますます増加


総務省統計局が、敬老の日を前に、高齢者人口を発表しました。
その数字を見て、66歳の私もその一員だと思うと複雑な気持ちです。

65歳以上の高齢者(以下「高齢者」)人口は3384万人(平成27年9月15日現在推計)で、総人口に占める割合は26.7%。前年(3295万人、25.9%)と比べると、89万人、0.8ポイント増と大きく増加しており、人口、割合共に過去最高とのこと。
男女別にみると、男性は1462万人(男性人口の23.7%)、女性は1921万人(女性人口の29.5%)と、女性が男性より459万人多くなっています。
人口性比(女性100人に対する男性の数)を年齢3区分別にみると、
0~14歳では105.0
15~64歳では101.9
と男性が多いのに対し、

65歳以上では76.1と女性が多くなっています。
70歳以上では70.0
75歳以上では63.0
80歳以上では54.0


女性のほうが断然長生きしてますねぇ。
健康寿命を考えると喜んでなどいられません。
人は、死期が近づくにつれ、食欲がなくなり、食べさせてもらっても飲み込めなくなり、やがて息を引き取ると言われます。

私は、自然の寿命に従い、死を迎えたいと強く願っていますし、できることなら認知症になる前におさらばしたい・・・。

この願いがきっと叶いますように!
彼岸入りの今日、お墓参りに行って、先祖にこのように頼んでおきました。

[PR]
by joi-maba | 2015-09-20 18:01 | 日々 | Comments(0)
松本賞、久保田俊郎教授に

17日、第19回松本賞贈呈式に出てきました。

東京医科歯科大学の久保田俊郎教授に受賞が決まった際、リプロダクティブ・ヘルス分野で多くの業績があることは、下記ですでにお知らせしたとおりです。

http://blog.excite.co.jp/joicfp/23861751/

日本家族計画協会の近泰男会長から記念の楯が手渡されました。

c0223638_0215875.jpg


女性アスリートの月経異常や疲労骨折などの実態を調査し、その結果発表を今年の夏に予定しているので、スポーツ界の間違った常識に大きな一石を投じることでしょう。

「生理がなくなるほど、練習にはげめ!」 など、あってはならない暴言です。

聞けば聞くほど、生理不順や疲労骨折の実態に驚き、実に由々しき問題だと感じました。

賞の名前を冠する松本清一先生とは古くからの師弟関係にあり、受賞者スピーチでは、「松本先生が2011年末に急逝された少し前に、鎌倉での会合でお目にかかったばかりなのに・・・」と思い出を語っておられました。

c0223638_0223576.jpg



松本先生が母子保健に真に健全な発達を願っておられた想いは、きっと久保田教授に受け継がれていくことを確信した次第です。
[PR]
by joi-maba | 2015-06-19 00:28 | 日々 | Comments(0)
シンポ 「アジアにおける人の移動の現状と課題」
6月1日にこんなシンポジウムが開催されました。

c0223638_21273770.jpg


「アジアにおける人の移動の現状と課題―日本が採るべき道を探る」

主催は日本国際交流センター、会場は国連大学のホールです。

3時間半に及ぶシンポでは、様々な角度からの考察が繰り広げられました。

日本の人口減少、高齢化、外国人労働などについて、多くの視点からの報告が発表されました。日本では、すでに移民のことを真剣に議論する時期に来ているということが感じられます。

第2部の基調講演では、ジョイセフ会長を務める明石康・元国連事務次長が20分ほどのお話をしたのですが、2014年12月に人口問題協議会・明石研究会として発表した提言(『開かれ活力ある日本を創る-鍵を握る女性、若者、高齢者と外国人』)にも通じる、「アジアのなかの日本―人口減少社会・日本に求められるアプローチ」という内容でした。

c0223638_21291320.jpg



提言はジョイセフのホームページのなかで、電子書籍でもご覧いただけます。
http://www.joicfp.or.jp/jp/more/akashi-kenkyukai/

こちらにもどうぞアクセスしてみてくださいね。

鬼面人を驚かす提言は少ないかもしれませんが、少子高齢社会日本において人的資源のより有効な活用が急務なことを訴えています(提言に寄せた明石の言葉より)。
[PR]
by joi-maba | 2015-06-04 21:35 | 日々 | Comments(0)
サボテン 今年も花を咲かせる

いつのことだか、もうすっかり忘れてしまったけれど、少なくとも30年くらい前のこと。
ジョイセフの親睦旅行で伊豆のシャボテン公園に行きました。
そこで、子どもの握りこぶしほどのサボテンを記念に買ってきたのですが・・・!!

毎年、5月になると鮮やかな紅色の花が、丸く、お行儀よく、並んで咲くのです。
可愛くって、いとおしくって、けなげで、うれしくって、可愛がりながら育てています。

これは2010年の姿です。

c0223638_222546.jpg



ところが背丈がどんどん伸びて、20センチを超えたころから根元のあたりがやせ細り、自分の体を支え切れないほどになったのです。
しかも、花の数が次第に減り、見るからに貧弱な姿に変わり果てました。

これではいけないと、昨年思いきって? てっぺんから5センチくらいでカットして親株の隣に置いてみたら、根づいて次第に大きくなってきました。
さすがに昨年は花を付けませんでしたが、今年は半円程度、花が咲いたんです。
元の木には、途中から新しく芽も出ています。徐々に成長して目に見える芽? 枝? が二つ。
いつか、これにも花が咲くのを、楽しみにしたいと思います。
生きていれば? の話です。

生命力に乾杯

c0223638_2231065.jpg



我が家のとは別に、オフィスの9階窓際にも誰かが置いたサボテンがあります。
ここ数年は、二重にも三重にもびっしりを花を咲かせ、鮮やかな紅色に目が釘付けになるほどです。
このサボテンも背丈が伸びるとともにまっすぐに立っていられずガラスに寄りかかっています。

c0223638_225881.jpg

[PR]
by joi-maba | 2015-05-11 22:23 | 日々 | Comments(0)
人類誕生から延べ1080億人

今、世界人口は72億人
日本では少子高齢化が注目されていても、
地球に目を向ければ、あふれんばかりの人間がひしめき合っています。

ホモサピエンス(叡智の人)のはずの人類が、なぜ争いを繰り返し、平和を遠ざけるのか?

2月に目にした日経新聞の小さな記事によると、人類誕生から今までの人口累計は、約1080億人とのこと。米国のポピュレーション・レファランス・ビューロー(PRB)が計算した数字です。

過去にさかのぼれば、西暦元年には2~4億人
10億人から20億人になるまで、123年かかっています。
以下、60億人になった年からは新聞に出ていたPRBのと数が違いますが、国連人口部の数字です。

今年、2014年版の「世界人口推計」が発表されますので、また変わるかも知れません。

10億人 1804年
20億人 1927年
30億人 1959年
40億人 1974年
50億人 1987年
60億人 1998年
70億人 2011年
80億人 2023年
90億人 2039~2040年ころ

[PR]
by joi-maba | 2015-03-10 22:42 | 日々 | Comments(0)