ブログトップ
お産婆さんに取り上げてもらいました(吉備路の総社生まれ)
<   2010年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧
タイタニック号と人口問題

とつぜんの問いかけですが!!

1912年4月14日、午後11時40分に何が起こったかご存知ですか? 読んでいるみなさんは、ほとんどこの世に存在していない時代のことですけど、タイトルから想像してみてください。

4万6000トンの当時世界最大の英国客船タイタニック号が、沈没し始めた時間です。乗客・船員2223人のうち生存者はたった706人、残りの1517人は海に投げ出されて死にました。

わずか3分の1しか生存できなかった理由のひとつは、当時世界の海を支配していた大英帝国であったはずなのに、なんといっても救命ボートが不足し、全部で約1160人の収容力しかないという安全規定の不備とずさんさが直接の要因でしょう。

救助された生存者の階級別、性別割合が極めて特徴的で、

1)大人の男性の生存率はわずか20%に対し、女性と子どもは71%、これは「子どもと女性ファースト」のアングロサクソンのルールが守られたこと
2)同時に1等、2等、3等の船室の等級によって大いに異なること(1等船客全体の60%は生存、女性と子どもはその92%。3等船客は全体でたったの25%、女性と子どもは49%)

だそうです。

以上のことは、河野稠果(しげみ)先生執筆の「タイタニック号と人口問題」からのほんの一部の抜粋です。運命の分かれ目についてもっと詳しく書かれているのですが、割愛します。英国のレディーファーストの当時と現在のこと、レディーファースト社会ではない日本だったら、など洒脱な文章であれこれ言及して大変興味をひかれる内容です。


繊細なタッチの挿絵を描いてくれた画家は、つのださとしさんです。原画は、コンピューターではなく、紙に手で描いたものでした。

c0223638_10111685.jpg



さて先生によると、タイタニック号はそのまま「宇宙船地球号」に置き換えられる、さらに3等船客は途上国民の運命の象徴とも考えられるということです。私の場合は2等船客だったか、あるいは3等だったでしょうか。ここに人口問題が大きく横たわっているのです。現在進行中の地球資源、環境の問題、先進国と途上国の不平等性など、まさに世界の人口問題が「宇宙船地球号」の抱える大きな課題であることがわかります。
~~~~~~~~~~~~~~~~~
なぜ、「タイタニック号と人口問題」の原稿を思い出したのか、書いておきます。28日、河野稠果(しげみ)先生からメールをいただきました。ジョイセフが前世紀に発行していた月刊誌「世界と人口」への寄稿原稿のコピーがほしいとのことでした。

ひとつは「タイタニック号と人口問題」、もうひとつは「松本清張と人口問題」で、早速バックナンバーからコピーをとりました。「タイタニック号と人口問題」は1998年の6月号、松本清張のほうはさらにさかのぼって1992年12月号です。「10年ひと昔」という言葉どおり、「光陰矢のごとし」を実感しながら、一筆添えて郵送しました。

先生は、厚生省人口問題研究所(現 国立社会保障・人口問題研究所)の所長を退官された後、麗澤大学で教鞭をとられ、いまは名誉教授でいらっしゃいます。人口分野の研究者として重鎮であるばかりでなく、エッセイスト、また私にとっては言葉博士にも変身なさることもあります。私は、先生の原稿に登場した言葉が初めてというのによく出合い、あわてて辞書を引いて意味を知ることを何度も経験しました。

たとえば、「……タイタニックが、氷の塊と衝突したくらいでは鎧袖一触(がいしゅういっしょく)、沈むことはあり得ないという驕傲(きょうごう)があったことも……」という文章からは2つの言葉を学びました。

あのころの原稿は手書きでしたから、原稿用紙にすらすら並んだ文字に驚いたことでした。「なに、単に不勉強で教養が足りないだけだ」という声が聞こえてきそうですが、実は一つの原稿に最低でも一つくらいは、こっそり辞書を引く字句がありましたねぇ。今まで、先生からいただいた原稿の数だけ、語彙が増えた計算になります。今でも感謝、感謝の気持ちであふれそうです。もう一度「ありがとうございました」と言わせていただきます。

では長くなりましたので、ここらへんで終わりにします。続きはいずれまたの機会に。
[PR]
by joi-maba | 2010-05-30 23:18 | 日々 | Comments(0)
「現代人口辞典」が3000円で買えます。
人口学研究会という伝統ある組織の50周年を記念する企画として、会の編集で「現代人口辞典」が発行されました。国立社会保障・人口問題研究所のS部長から寄贈していただきましたので、感謝の気持ちを込めて声を大にしてc0223638_23513765.jpg宣伝いたします。

私が責任をもって、「役立つこと間違いなし」の保証人を引き受けます。人口関連分野にご関心のあるみなさま、どうぞ座右におく書物のひとつに加えてはいかがでしょうか。または図書館に購入のご推薦をお願いします。

なおジョイセフでは扱っておりませんので、お近くの書店などでお買い求めください。


人口学研究会 編
発行     原書房
定価     本体3000円+税
体裁     A5判 392ページ

表紙の帯から、うたい文句を引用しておきます。
-------------------------------------------------
人口学がわかる最新の用語辞典。人口減少、少子化、高齢化など社会の根幹にかかわり、自然科学、社会科学、政治経済が複雑にからみあう人口問題の用語や概念をわかりやすく正確に解説。専門用語やマスコミに頻出する最新用語も収録。

●人口学の領域をすべてカバー
●見出し語は日本語と外国語を併記
●「人名・機関名編」を収録
●詳細な索引
-------------------------------------------------

本書の編集は、大淵寛・企画編集委員長のほか、阿藤誠・兼清弘之・佐藤龍三郎などの専門家が中心となっています。この辞典においては、一般的には頻繁に用いられている用語であっても学術的に問題のあるものも取り上げているそうです。

たとえば、「合計特殊出生率」は新聞や白書でもよく使われてきましたね。1人の女性が一生に産む子どもの数を示す指標、あるいは女性1人当たりの平均子ども数という注を付けているのをよく見かけます。日本では2008年に1.37だそうです。
本書では「合計特殊出生率」を「合計出生率」としています。この言葉、初めて接してから30年たっても、いまだによくわからないのですが、読んでみたら「なるほど」と思いました。

また、事項・人名・機関名別の多面的な索引は本書の使いやすさにもつながっています。この多くの項目の中に、家族計画国際協力財団(ジョイセフ)、加藤シヅエ、黒田俊夫なども入っています。ジョイセフ中心のたとえですみません。必要項目は他にたくさん収録されていますからご安心ください。

本書を愛用することが、専門用語の正確な理解につながることと思います。ぜひどうぞ!
[PR]
by joi-maba | 2010-05-14 23:58 | Books | Comments(0)
気の置けない仲間たち
29 日の昭和の日は、風が強かったし、昼頃「キツネの嫁入り」のような雨がぱらついたけれど、前日までの雨続きに比べればまずまずのお天気でした。

この日、ちょっとした集まりがあって出かけ、おしゃべりや情報交換など楽しいひと時を過ごしてきました。くつろいで、ゆったりできる居場所に延べ15人ほどの輪ができました。このグループのメンバーは、ジョイセフのために、日ごろから何かと協力をしてくれています。

切手やコイン、使用済みカードなどお届けくださった RF さん、 YS さん、SM さん、 MN さん、ありがとうございました。 RFさんは、以前外国のコインをどっさり、持参してくださったこともあります。しかも交通が1~2時間もかかるところからなんですよ。ありがたいことです。

これがみなさまからの切手、コイン、ベルマークです。

c0223638_1705553.jpg



ここで、「チョコを買うなら、ロッテのガーナミルクチョコレートをどうぞ~」と宣伝しておきました。あまりにささやかな差し入れですが、2箱持って行きました。

c0223638_16381552.jpg

母の日に向けて、ロッテがガーナへの再生自転車寄贈のための輸送費の協力をしてくれています。赤い箱の裏面にその広告が出ていますので、よろしければ買ってみてくださいね。

ランドセルをアフガニスタンに贈る活動のことは、メディアでも写真入りの報道が多く、知っている人もいて、うれしく思いました。
この春、MI さんが娘さんの想い出のこもったランドセルを、贈ってくれました。4月10日に1万個を超すランドセルを横浜の倉庫で検品、箱詰めしたのですが、もしかしたら、maba が扱ったうちのひとつかもしれませんねぇ!

ランドセルのことでは、今年だけでもFY さんやMI さんたちのご協力もありました。以前にも、何人もから贈ったと連絡がありました。この日の検品・梱包は総勢150人くらいのボランティアでしましたが、実に見事な分担・流れ作業で、いい汗をかく絶好のチャンスでした。

アルパカにも会えたし、なでさせてもらえたし…。とってもふんわりした毛と肌のぬくもりに触れ、心がほんわかとしてきました。何故、アルパカがあの場に? 

c0223638_0243751.jpg


クラレの「ミラバケッソ」という、例のコマーシャルですよ。繊維・紡績メーカーのクラレは、クラリーノのランドセルも作っている会社で、創業者も2代目社長の大原 總一郎氏も、maba と同じ岡山県人です。広く社会に貢献した人物ですが、中でも倉敷の大原美術館は有名ですよね。
[PR]
by joi-maba | 2010-05-04 16:29 | 日々 | Comments(3)