ブログトップ
お産婆さんに取り上げてもらいました(吉備路の総社生まれ)
<   2010年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧
ソマリア女性を取り巻く環境

ゼロトレランスデー(2月6日)の関連で、2月13日のシンポジウムに行った報告を2月15日のブログでしたことがあります。関連して、先週の26日に「ソマリア女性を取り巻く環境」というFGM廃絶を支援する女たちの会の勉強会に行ってきました。

朝日新聞編集委員の大久保真紀さんが講師でした。2月の日本ユニセフ協会親善大使のアグネス・チャンさんの視察に同行した現場からの報告です。

ソマリアはFGMの実施率がアフリカのなかでも最も広がっている地域で、98%にも上るそうです。

ホドちゃんの話
大久保さんが訪ねたハルゲイサという地域のキャンプで暮らす、ホドちゃん(10歳)という女の子が2年前にFGMを受けたときの話に、背筋が凍るようでした。報告の中で、ホドちゃんの口から出た言葉を再現してみましょう。知っていたつもりのFGMのことに、さらに戦慄が走りました。


「ある日突然、カミソリの刃を持つ女性がきた。母親や近所の女性に手足を押さえられて、何が何だかわからないままに、外性器を切り取って縫い合わせる施術を受けさせられた。とにかく痛かった。たくさん出血もした。7日間寝たままで、最低限の水しか口にせず、それでも排泄のときには激痛が走った。今は痛みはなくなったけど、おしっこが少しずつしか出ず、時間がかかる」

この先、成人してからもどんなにか身体に不都合が起こるか想像すると、いても立ってもいられない気持ちです。

廃絶への小さな一歩
ホドちゃんのお母さんは自身もFGMを受け、「娘にも当然のことと思っていたが、今では考えが変わり、ホドの妹には受けさせないし、この地域でもソマリア全体でもやめさせたい」と言っていることが救いでした。ハルゲイサではFGMを廃絶しようと宣言した村があるそうです。これがどんどん拡がって、できるだけ早い時期に全部廃絶する日がくるよう、心から願います。

まだまだ、問題は山のようにあります。宣言した村でさえ、結婚相手はFGMを受けているほうがよいと答える男性もいるのが現実です。男性の意識が変わるように働きかけることも重要ですね。

ソマリアの元首相夫人のイスマイルさんが、1976年に初めてFGMに反対を唱えてから34年たった今も、FGMを受けている女性は97%というのです。遅々とした歩みではあっても希望を捨てず、連帯の気持ちを持って世界中からFGMが廃絶される日まで支援を続けなければと、思いを新たにしています。

●ヤンソンさんの言葉●
会の終わりに、大久保さんの話を補足して締めくくったのは、ヤンソン柳沢由実子さんです。

c0223638_22134836.jpg


「アフリカの人たちに連帯する気持ちで応援している。国際的に(廃絶に)一歩でも近づける。この運動はみんなのことだから少しでも力を合わせよう」という言葉をしっかりと胸に受け止めました。

ヤンソンさんは、1996年に「FGM廃絶を支援する女たちの会」を立ち上げて活動を継続し、それ以前から『喜びの秘密』(アリス・ウォーカー著)の翻訳などでもFGMのことにかかわって来られました。

以前、FGM廃絶に向けた活動が顕彰され、「FGM廃絶を支援する女たちの会」に加藤シヅエ賞が授与されています。


追加3月18日の新聞記事が配られました。私は、メディアの方に現実をもっと知らせて欲しいと思っていますが、「女性性器切除」という言葉の入る記事への負の反応があることも否めないとのことでした。日本のメディアや読者の意識の問題もあるのですね。
[PR]
by joi-maba | 2010-06-28 19:32 | 日々 | Comments(0)
平均寿命、日本が世界1、女性の寿命が短い国があります
前にも書きましたが、オリンピックにもし平均寿命という種目があったら、日本は金メダルをとること間違いなしというのは、樋口恵子さんの言葉でした。

平均寿命のワールドカップがあれば、間違いなく日本が優勝なのに! サッカーは対オランダのは残念!

5月に、WHO(世界保健機関)が、平均寿命83歳の日本がまた1位(2008年)という発表をしました。新聞でも記事が出ていました。女性は1位で86歳ですが、男性は79歳で4位です。一番でなきゃダメなんですか、とは言いませんけれど…。

順位はともかく、一般に生物学的理由によって女性の寿命ほうが長いと言われています。

WHOの表を見ながら、統計にのっている193カ国を眺めてみました。

女性の寿命が短い国があります 

どこでしょうか? アフリカの中央アフリカ共和国で、女性48歳、男性49歳です。また、最下位のジンバブエ、アフガニスタンは、なんと日本の約半分の42歳という寿命です。

厳しい生活環境や医療を受ける機会がほとんどないことなど、多くの要因があるのでしょうが、つらい現実がとても他人ごととは思えません。子どもの死亡が多いことが寿命を引き下げる大きな理由のひとつです。産後、母親が亡くなると赤ちゃんの死亡率も上がるそうです。

想像してみませんか。それらの国の保健事情を…。
そして女性の日常生活のなかでの立場を…。

女の子は病気になってもお医者さんに連れて行ってもらえないのかもしれません。そもそもお医者さんも少ないのでしょう。クリニックも遠いのでしょう。学校に行って保健について教えてもらう機会もないのかもしれません。

貧しさの悪循環にがんじがらめになっているのではないでしょうか。女の子が学校に通うことができれば、基本的な保健の知識が得られ、妊娠・出産に際しても、子どもを産んでからも健康のことを考えることができます。身体が未熟なままの十代の妊娠が減れば、状況を改善できるでしょう。

お産のとき、清潔な環境のなかで技能を持った人やお産婆さんの介助が受けられたら…、出血など緊急のことが起こったとき、病院に行って適切な処置が受けられれば…、もし○○ができたら…、といろいろなことが浮かんできます。

そうなれば、救える命が増えると思います。寿命も延びるでしょう。

どうすれば改善できるか、少しでも足元から行動につなげたいです。
ジョイセフの活動のひとつは、「途上国の妊産婦と女性を守る」ということです。
[PR]
by joi-maba | 2010-06-19 23:34 | 日々 | Comments(2)
ホタルよ、おまえもか
前回の絶滅危惧種の関連です。

昨晩、久我山のホタル祭りに行ってきました。心配だった雨が降ることもなく、幻想的な光の乱舞が楽しめました。あ、乱舞はちょっと大げさです。最多でも一度に見られるのはせいぜい10匹くらいでしたから。

それでも、東京の緑いっぱいの自然の中でで見られるホタルなのですから、日常の現実を忘れ、ひと時の清涼な気持ちに浸ることは十分できました。暗くなった途端には人間の数のほうが多いので、しばらくして「大人の時間?」になったころが見ごろですね。

ホタルの写真はmabaには撮れませんので、下記は絵葉書からのです。久我山連合商店会の企画・制作のものを、拝借させていただきました。

c0223638_16233493.jpg


神田川会場では川の対岸と上方にゲンジホタル、玉川上水会場ではうっそうと夏草が茂った川底周辺で見られ、2か所とも、それぞれ違う趣で楽しめました。

ホタルも絶滅危惧種になりそうだと、先日のテレビ番組から聞こえてきました。えさのカワニナがどんどん減ってきているそうです。

例年は、商店会が近辺の学校と協力して飼育したものを放っていますが、今回は幼虫が少なくて各学校に分けられず、学校飼育のホタルではありません。それでも、昨年の産卵から自然発生したものも少しはいたらしいとのこと。自然発生を目指していても、今の環境のなかではまだまだ難しいのでしょう。ヒトという生き物と、多種多様な生物との共存の道は険しいですね。

土地勘のない方に補足しますと、久我山は東京の杉並区にあり、京王井の頭線沿線の街です。そして「水と緑と豊かな“とき”がこころをいやすまち」だそうです。羊頭狗肉ではありません。そのとおりだと実感できました。

来年もホタル祭りは、多分6月初めの土日にあると思いますよ~。
[PR]
by joi-maba | 2010-06-06 16:32 | 日々 | Comments(0)
多様な生物、一つの地球、一つの未来

「これは大変だ」と思うことはたくさんありますが、環境のことはかなり深刻で大きな問題だと思わずにはいられません。

6月5日は世界環境デー(World Environment Day)!

○○デーというのは、日本にも世界にもたくさんあり、「5月30日はゴミゼロの日」というのまで含めて毎日、なにかしらが ○○デーになっているかもしれません。

タコよ、おまえもか

明日の環境デーに関連して、生物の絶滅危惧種のことが、たまたまテレビから聞こえてきたのですが、タコもそうだとは初耳でした。日本近海では獲れなくなって、モロッコから輸入しているのは少し知っていたものの、モロッコでも、もうずいぶん減ってきているのですって!

タコを食べるのは日本人だといわれていますから、日本が絶滅に加担しているとは…。タコ焼き大好き人間だったら、ドキッとしたかもね。

他の絶滅しそうな生き物も、すべては人間のせいです。コピーなど大量に使う紙のために森を伐採していることも、生き物が生きづらくなる原因のひとつと言っていました。

必要な分量だけ、大切に命をいただいて、謙虚にならないとと、改めて感じています。まずは、日常の身の周りのこと、足元から自分の行動を見直さなければと、猛反省することがたくさんあります。

それでも、自称「ひとりだけのモッタイナイクラブ」の会長として、少しは実践していることがあるのですけどねぇ。周りへの呼びかけまでは、なかなかできないものです…。

★国連広報センターからのお知らせによると、今年の世界環境デーのテーマは「多様な生物、一つの地球、一つの未来」です。現在急速に進行している、様々な種の大量絶滅に歯止めをかけ、地球上に住む生物数百万種の重要性に対する意識を高めようという「国際生物多様性年」の呼びかけに応えるものとのことです。

この日は1972年6月5日からストックホルムで開催された「国連人間環境会議」の開会日に由来しています。日本では「環境基本法」(平成5年)によって、6月5日が「環境の日」に定められています。

環境デーのために寄せられた潘基文(パン・ギムン)国連事務総長のメッセージは、決意表明であり、警鐘だと思います。

★追記:

今年の年賀状に「モッタイナイクラブ」の会長だと宣言してしまったら、何人かから、入会したいとか問い合わせがあったのです。うれしい反面、「いえ、特に組織ではないんですよ。自分に言い聞かせるためなんです」と言い訳をするはめになりました。

これからの未来の生き物(人間も含む)のために、してはいけないこと、しなくてはいけないことを考えようと思った一日でした。
[PR]
by joi-maba | 2010-06-04 23:53 | 日々 | Comments(0)