ブログトップ
お産婆さんに取り上げてもらいました(吉備路の総社生まれ)
<   2015年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧
妊産婦死亡率が、19世紀の英国の状況と同じって!
国連人口基金からのニュースに、こんなことが書いてありました。

「サハラ以南のアフリカでは、生まれる赤ちゃん10万人あたり、510人の女性が妊娠・出産に関連して亡くなっています。この妊産婦死亡率の高さは、19世紀の英国の状況と同じ」

だというのです。

チャールズ・ディッケンズ(1812~1870年)が、『オリヴァー・ツイスト』や『クリスマス・キャロル』に書いているような、貧困などに起因する多くの悲惨な状況だとは・・・。

c0223638_23135944.jpg



それからすでに150年以上がたっているというのに・・・。
見過ごすことはできません。

避妊手段もなくたて続けに妊娠する、そして出産の際に出血など緊急なことが起こってもなすすべがない、貧しくてお医者さんにかかるお金がない、クリニックが遠くてたどり着けない、その他、様々な要因があるでしょう。


『世界人口白書 2014』によると、妊産婦死亡率が出生10万当たり600を超える国は、シエラレオネの1100をはじめ、すべてアフリカの国々で、11カ国もあります。

日本は 6 です。
日本の妊産婦死亡率の最高値は、統計をとり始めてからでは、1899年(明治32年)の449.9人です。
19世紀の終わりころの妊産婦死亡率には驚きます。

命を産むために、命を落とす!

こんなことは、できる限り早く終わらせなくてはなりません。
望まない妊娠は避けられることですし、そのために日本を含む先進諸国からの支援が求められています。

21世紀の今、私たちは何をすればよいのか・・・、「まずは知ることから」とは言うものの、その次にどうするか、が重要ですね。これは、私も自分自身の課題だと思っています。

ところで、ディッケンズにも子どもが10人いたそうです。
妻の身体的負担は如何ばかりだったことでしょう。
[PR]
by joi-maba | 2015-04-29 23:16 | 地球 | Comments(0)
提言 『開かれ活力ある日本を創る』
2014年12月に発表された提言
『開かれ活力ある日本を創る-鍵を握る女性、若者、高齢者と外国人』
が、静かな反響と広がりを見せています。

c0223638_1155399.jpg


c0223638_11561567.jpg




この提言では、少子高齢社会・日本の人的資源の有効かつ最大限の活用を訴えています。

提言の電子書籍が、ジョイセフHPで初の試みとして、下記でご覧いただけます。

http://www.joicfp.or.jp/sp/ebook/proposal_akashi/index.html

最近では、月刊誌『潮』5月号に8ページにわたり、記事が掲載されました。
今年は戦後70年ということで、各メディアでも企画が目白押しですね。

c0223638_11581038.jpg



戦後70年企画と言えば、日本記者クラブで「戦後70年 語る・問う」という会見がシリーズ化されています。2月には、明石康ジョイセフ会長・人口問題協議会会長(元国連事務次長)が会見に臨みました。

明石研究会の提言と直接の関係はありませんが、この日のテーマは「変貌する国際社会と日本の役割」です。
YouTube にアクセスできます。

http://www.jnpc.or.jp/activities/news/report/2015/02/r00030266/
[PR]
by joi-maba | 2015-04-12 11:59 | Books | Comments(0)
平均寿命
平均寿命について『世界人口白書2014』から引用してみます。

平均寿命とは生まれた時の平均余命のことです。
日本女性の平均寿命は87歳で世界一、そして男性は80歳で10位以内に入っています。長生きですね。「人生50年」と言われた時代もありましたが、その後の寿命の延びは驚嘆に値します。

健康寿命と亡くなるまでの差があるなど、必ずしも長寿を喜べない面がありますが…。元気な高齢者は、よく出かけ、人とおしゃべりをし、毎日を楽しんでいることが特徴的だと思えます。

それにしても、アフリカには、まだ平均寿命が40代の国々があるのですから、生まれてから日々の生活がどれほど過酷なのか想像できます。

また、通常は女性のほうが長生きですが、女性の平均寿命のほうが短い国があるのですね。ボツワナ(女性47、男性48)
スワジランド(女性49、男性50)
です。妊娠と出産に関連することも大きな要因でしょう。

シエラレオネ(女性46、男性45)
レソト(女性50、男性49)
中央アフリカ共和国(女性52、男性48)
コンゴ民主共和国(女性52、男性48)
……いずれもアフリカの国々です!

どこの国に生まれるかによって、こんなにもその後の人生が違ってくるのです。

途上国では先進国ほど正確な統計をとるのは難しく、国連が推計値をはじき出していますが、日本も終戦の年までの3年ほどは統計をとるのが困難だった項目があります。

多くの戦死者を出したため、男性の平均寿命は23歳だったと聞いたことがあります。

平和がどれほど大切なことか、解決策は一筋縄では見つかりませんが、世界全体で真剣に考えなければと思います。
[PR]
by joi-maba | 2015-04-01 20:30 | ボキャビル通信 | Comments(0)