ブログトップ
お産婆さんに取り上げてもらいました(吉備路の総社生まれ)
ネパールの地震

日本でもあちこちを震源として地震が多いことを実感しています。

比較的火山や地震活動がおさまっていた20世紀を経て、今、21世紀は活発な変動が続くのが本来の地球だと言っている学者がいました。
そうかもしれないと納得??

東京にいても、一瞬怖いと感じるほどの揺れが5月30日夜にあり、エレベーターや交通機関に影響がありました。
その数日前の昼間にも、ズンと突き上げるような地震が・・・。
小さな揺れは頻繁にあります。

ネパールでは、4月25日午前11時56分(現地時間)、そして追い討ちをかけるように5月12日にはまた大きな余震が・・・!

このところ、ネパールの地震のニュースがメディアからめっきり姿を消したように思えます。

国連によると、被害状況は、6月1日現在次のとおりです。

 死者   8691人
 けが人  2万2054人
 食料援助の必要な人  350万人
 全壊した家  502130戸
 一部壊れた家  273847戸

まもなくの雨期を前に、被災した人々の生活を思うと胸が締め付けられます。
被災者への支援はまだまだまったく不十分なままでしょう。
知ること、できることは何かを考えること、実行に移すこと。
[PR]
# by joi-maba | 2015-06-03 20:21 | 地球 | Comments(0)
サボテン 今年も花を咲かせる

いつのことだか、もうすっかり忘れてしまったけれど、少なくとも30年くらい前のこと。
ジョイセフの親睦旅行で伊豆のシャボテン公園に行きました。
そこで、子どもの握りこぶしほどのサボテンを記念に買ってきたのですが・・・!!

毎年、5月になると鮮やかな紅色の花が、丸く、お行儀よく、並んで咲くのです。
可愛くって、いとおしくって、けなげで、うれしくって、可愛がりながら育てています。

これは2010年の姿です。

c0223638_222546.jpg



ところが背丈がどんどん伸びて、20センチを超えたころから根元のあたりがやせ細り、自分の体を支え切れないほどになったのです。
しかも、花の数が次第に減り、見るからに貧弱な姿に変わり果てました。

これではいけないと、昨年思いきって? てっぺんから5センチくらいでカットして親株の隣に置いてみたら、根づいて次第に大きくなってきました。
さすがに昨年は花を付けませんでしたが、今年は半円程度、花が咲いたんです。
元の木には、途中から新しく芽も出ています。徐々に成長して目に見える芽? 枝? が二つ。
いつか、これにも花が咲くのを、楽しみにしたいと思います。
生きていれば? の話です。

生命力に乾杯

c0223638_2231065.jpg



我が家のとは別に、オフィスの9階窓際にも誰かが置いたサボテンがあります。
ここ数年は、二重にも三重にもびっしりを花を咲かせ、鮮やかな紅色に目が釘付けになるほどです。
このサボテンも背丈が伸びるとともにまっすぐに立っていられずガラスに寄りかかっています。

c0223638_225881.jpg

[PR]
# by joi-maba | 2015-05-11 22:23 | 日々 | Comments(0)
国際助産師の日
5月5日は日本では「こどもの日」でした。
あまり知られていないかもしれませんが、この日、世界では
国際助産師の日」です。

女の人が妊娠・出産をすることは、とっても負担の大きなことだと思います。
特に開発途上国では、命の危険にかかわることが多いという悲しい現実があります。
世界では、1日に800人近い女の人が、妊娠と出産を原因として命を落としています。
その99%が途上国で起こっています。

だからこそ、助産師さんの存在が命を助けることにつながっていると思います。

こんなエピソードを聞きました。
ヨルダンにあるシリア人の難民キャンプに2013年に開設された女性クリニックで、2015年3月に3000人目の男の赤ちゃん、Obada ちゃんが無事生まれました。
開設以来、ここでは子どもも産婦さんも今までにひとりも亡くなっていないということです。


日本の妊産婦死亡率は、出生10万あたり 5前後。
日本でも、この数字がゼロになるようにしなければなりませんが、それでも途上国との差に愕然とします。

ジョイセフの活動は、女性と妊産婦を守ること。
[PR]
# by joi-maba | 2015-05-08 22:34 | Comments(0)
妊産婦死亡率が、19世紀の英国の状況と同じって!
国連人口基金からのニュースに、こんなことが書いてありました。

「サハラ以南のアフリカでは、生まれる赤ちゃん10万人あたり、510人の女性が妊娠・出産に関連して亡くなっています。この妊産婦死亡率の高さは、19世紀の英国の状況と同じ」

だというのです。

チャールズ・ディッケンズ(1812~1870年)が、『オリヴァー・ツイスト』や『クリスマス・キャロル』に書いているような、貧困などに起因する多くの悲惨な状況だとは・・・。

c0223638_23135944.jpg



それからすでに150年以上がたっているというのに・・・。
見過ごすことはできません。

避妊手段もなくたて続けに妊娠する、そして出産の際に出血など緊急なことが起こってもなすすべがない、貧しくてお医者さんにかかるお金がない、クリニックが遠くてたどり着けない、その他、様々な要因があるでしょう。


『世界人口白書 2014』によると、妊産婦死亡率が出生10万当たり600を超える国は、シエラレオネの1100をはじめ、すべてアフリカの国々で、11カ国もあります。

日本は 6 です。
日本の妊産婦死亡率の最高値は、統計をとり始めてからでは、1899年(明治32年)の449.9人です。
19世紀の終わりころの妊産婦死亡率には驚きます。

命を産むために、命を落とす!

こんなことは、できる限り早く終わらせなくてはなりません。
望まない妊娠は避けられることですし、そのために日本を含む先進諸国からの支援が求められています。

21世紀の今、私たちは何をすればよいのか・・・、「まずは知ることから」とは言うものの、その次にどうするか、が重要ですね。これは、私も自分自身の課題だと思っています。

ところで、ディッケンズにも子どもが10人いたそうです。
妻の身体的負担は如何ばかりだったことでしょう。
[PR]
# by joi-maba | 2015-04-29 23:16 | 地球 | Comments(0)
提言 『開かれ活力ある日本を創る』
2014年12月に発表された提言
『開かれ活力ある日本を創る-鍵を握る女性、若者、高齢者と外国人』
が、静かな反響と広がりを見せています。

c0223638_1155399.jpg


c0223638_11561567.jpg




この提言では、少子高齢社会・日本の人的資源の有効かつ最大限の活用を訴えています。

提言の電子書籍が、ジョイセフHPで初の試みとして、下記でご覧いただけます。

http://www.joicfp.or.jp/sp/ebook/proposal_akashi/index.html

最近では、月刊誌『潮』5月号に8ページにわたり、記事が掲載されました。
今年は戦後70年ということで、各メディアでも企画が目白押しですね。

c0223638_11581038.jpg



戦後70年企画と言えば、日本記者クラブで「戦後70年 語る・問う」という会見がシリーズ化されています。2月には、明石康ジョイセフ会長・人口問題協議会会長(元国連事務次長)が会見に臨みました。

明石研究会の提言と直接の関係はありませんが、この日のテーマは「変貌する国際社会と日本の役割」です。
YouTube にアクセスできます。

http://www.jnpc.or.jp/activities/news/report/2015/02/r00030266/
[PR]
# by joi-maba | 2015-04-12 11:59 | Books | Comments(0)
平均寿命
平均寿命について『世界人口白書2014』から引用してみます。

平均寿命とは生まれた時の平均余命のことです。
日本女性の平均寿命は87歳で世界一、そして男性は80歳で10位以内に入っています。長生きですね。「人生50年」と言われた時代もありましたが、その後の寿命の延びは驚嘆に値します。

健康寿命と亡くなるまでの差があるなど、必ずしも長寿を喜べない面がありますが…。元気な高齢者は、よく出かけ、人とおしゃべりをし、毎日を楽しんでいることが特徴的だと思えます。

それにしても、アフリカには、まだ平均寿命が40代の国々があるのですから、生まれてから日々の生活がどれほど過酷なのか想像できます。

また、通常は女性のほうが長生きですが、女性の平均寿命のほうが短い国があるのですね。ボツワナ(女性47、男性48)
スワジランド(女性49、男性50)
です。妊娠と出産に関連することも大きな要因でしょう。

シエラレオネ(女性46、男性45)
レソト(女性50、男性49)
中央アフリカ共和国(女性52、男性48)
コンゴ民主共和国(女性52、男性48)
……いずれもアフリカの国々です!

どこの国に生まれるかによって、こんなにもその後の人生が違ってくるのです。

途上国では先進国ほど正確な統計をとるのは難しく、国連が推計値をはじき出していますが、日本も終戦の年までの3年ほどは統計をとるのが困難だった項目があります。

多くの戦死者を出したため、男性の平均寿命は23歳だったと聞いたことがあります。

平和がどれほど大切なことか、解決策は一筋縄では見つかりませんが、世界全体で真剣に考えなければと思います。
[PR]
# by joi-maba | 2015-04-01 20:30 | ボキャビル通信 | Comments(0)
世界人口白書 2014
東京では桜が満開です。日本人になじみの深い花と言えば、この季節やはり桜でしょうか。

青空を背景にして映える花も またお濠の水面に映える花もきれいです。
そして手で触れるほどの距離で、目の高さで楽しめます。

c0223638_19575411.jpg


c0223638_19554488.jpg


ジョイセフのある建物からも、外濠沿いの桜が見ごろを迎えています。

★★ きょうで3月が去っていきます。
あすから4月、新年度が始まりますね。
大学などでは、新しく新入生も加わってキャンパスがにぎわうことでしょう。

私は、幸いにも雇い止めにならず、契約更新していただけました。
すでに前期高齢者の身としては、居場所と出番を与えられたことに感謝しています。

さて、新年度にあたり、隠れたベストセラーと言われる国連人口基金発表の『世界人口白書 2014』日本語版のご案内をします。
ジョイセフが日本語版を制作しています。
昨年11月発表の2014年版のテーマは、「18億人の力 未来を変革する若者たち」

在庫のあるものについては、ご希望の方に送料のみのご負担で寄贈しております。
資料としてシリーズで揃えるため、または講義の参考としてテーマにより複数部を利用などのご希望に添いたいと思います。
バックナンバーのテーマ詳細、お申し込み方法は下記をご覧ください。

http://www.joicfp.or.jp/jp/2014/11/18/15713/

お申込みをお待ちしておりま~す。
[PR]
# by joi-maba | 2015-03-31 20:00 | Books | Comments(0)
人類誕生から延べ1080億人

今、世界人口は72億人
日本では少子高齢化が注目されていても、
地球に目を向ければ、あふれんばかりの人間がひしめき合っています。

ホモサピエンス(叡智の人)のはずの人類が、なぜ争いを繰り返し、平和を遠ざけるのか?

2月に目にした日経新聞の小さな記事によると、人類誕生から今までの人口累計は、約1080億人とのこと。米国のポピュレーション・レファランス・ビューロー(PRB)が計算した数字です。

過去にさかのぼれば、西暦元年には2~4億人
10億人から20億人になるまで、123年かかっています。
以下、60億人になった年からは新聞に出ていたPRBのと数が違いますが、国連人口部の数字です。

今年、2014年版の「世界人口推計」が発表されますので、また変わるかも知れません。

10億人 1804年
20億人 1927年
30億人 1959年
40億人 1974年
50億人 1987年
60億人 1998年
70億人 2011年
80億人 2023年
90億人 2039~2040年ころ

[PR]
# by joi-maba | 2015-03-10 22:42 | 日々 | Comments(0)
ビリオネア

米誌フォーブスが3月2日に発表した世界長者番付が、新聞で紹介されていました。
世界の富はますます限られた人に集中していますね。

世界のトップは前年に続きビル・ゲイツ氏の792億ドル日本一はユニクロの柳井正さん(41位)。

資産10億ドル(約1200億円)以上の富豪を「ビリオネア」と呼ぶそうな。
へ~、知りませんでした。

資産額は、想像の限界を超えて、私には全くピンときませ~ん。

ユニクロは、ジョイセフを支援してくれています!!
[PR]
# by joi-maba | 2015-03-05 19:27 | ボキャビル通信 | Comments(0)
国際光年
今年2015年は、国連が決議した「国際光(ひかり)年」

住民の生活と多様なレベルの地球社会の将来の開発のための光および光技術の重要性を認識し、 光科学および光技術の世界的な認識の向上とその教育を増やすことは、持続可能な開発、 ・・・・・・ 光科学と光技術の応用は・・・・・・。

上記はほんの一部だけです。
蜿蜒(えんえん)と続く文書の引用は、頭がくらくらしてきますので、やめておきます。

「光」と言えば、いつからこんなにイルミが流布したのでしょう。
イルミは、きれいですけどねぇ。

夜になっても明るすぎて星も見えやしない! 
私の行動範囲で見えるのは、金星だけです。
 ったくもう!!
より自然に即した、そして安全面に配慮した、最低限必要な時間帯の光だけにしてもらいたいと思うのは、世間では通用しないのかも?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2016年は国際豆年とのこと。
何年も前の2008年は、国際ポテト年というかわいいネーミングでした。

日本人にも広く耳と目に残っているのは、1979年の「国際児童年」かと思います。
ゴダイゴの歌が、流れていたことを覚えている人もいるのでは?

Every Child Has A Beautiful Name・・・

ゴダイゴも若かった。 そして私も・・・。

森英恵デザインのTシャツもあったような・・・。

と言ってもこの年にすでに子ども以上の年齢の人にしかわかりませんね。

ほとんど毎年のように国連が記念の年を設定していても、どうも抱える問題の解決や平和に結びついていない気がしてなりません。
[PR]
# by joi-maba | 2015-02-15 22:26 | ボキャビル通信 | Comments(0)