人気ブログランキング |
ブログトップ
お産婆さんに取り上げてもらいました(吉備路の総社生まれ)
ハンカチ王子
だいぶん古いニュースですが、ハンカチ王子がW大学のキャプテンになったってことから連想しました。

この前、ある私立大学勤務の若い友人から聞いてびっくりしたことがあります。以下のようなことなんですよ。いやぁ…、考えさせられましたねぇ!

友人曰く、「トイレの床に水をぼたぼたたらす人がいるのよ。これ、“水”だよねぇ?って思いたい。 まさか水に、“尸(しかばね冠)”がついた、ちょっと黄色いものではないとは想像しているけれど…。きっと、トイレットペーパーで手を拭くために濡れた手から水を滴らせながら、ペーパーにたどりついているんだろう。ある人が出張なんかで留守にしている日はたれていないから、だいたい誰だか想像できるのよ! ところがひとりじゃないらしいってこともわかって、さらに大ショック」。

こんなことが文明国でもあるんですね。かっこいいしぐさの正反対と思いました。自分の家じゃ絶対にやらないだろうに。そんな「大人?」がいるってこと、とっても心配になります。でもねぇ…、彼女らを育てた私の世代の責任かもしれないと反省することしきりです。世の中には、マナーとルールってもんがあるんで~す。

ハンカチやタオルくらい持ち歩きなさいね。

「なんでしたら、“幸せの青いハンカチ”をプレゼントしましょうか?」ってトイレに貼り紙しようかと、友人が言っていました。
by joi-maba | 2010-01-15 12:32 | ボキャビル通信
<< 若林敬子さんの研究成果の本 成人の日 >>