ブログトップ
お産婆さんに取り上げてもらいました(吉備路の総社生まれ)
心に突き刺さる言葉


実際の戦争や紛争の場ではないのに、武器や兵器という言葉が使われるのをよく見かけます。例えばA新聞でも、「討論こそが武器であるはずの政治家たちの言動の…」、「…という新兵器の狙いにピタリ」などと書いていました。「戦士のホットタイム」というコラムもあります。

NHKが、戦後すぐに「紅白歌合戦」を「紅白歌試合」と言い換えた時期があると聞いたことがあります。そのNHKも、何年か前のことだけれど連続テレビ小説「ファイト」を「戦う15歳の物語」と宣伝したり、科白(せりふ)で「若さだけが武器…」と言わせていました。

武器や兵器は、他人を傷つけ殺しあうことに用いるものです辞書には比喩的に用いることがあると書かれてはいますが、有力な手段、強みとでも置き換えてはいかがでしょう。私はこの言葉を絶対に使いたくありません。今なお、戦禍の中で暮らす人たちのことを考えると、安易な言葉に接する時、ドキッとして胸がつぶれる気持ちになります。

21世紀の今、平和の実現はホモサピエンス(叡智の人)のもっとも大きな義務であり、責任ではないでしょうか。
[PR]
by joi-maba | 2010-02-06 23:02 | ボキャビル通信 | Comments(6)
Commented by ずんどう at 2010-02-08 23:04 x
感動しました!
ジョイセフさんを知って小額ながら寄付させていただき、スタッフさんのブログを知って、三時間あっというまに過ぎてしまいました。
スタッフさん、みなさん生き生きとしていて見ていてとても応援したくなりました。母親で世界の女性のために仕事がんばっている方、残業がんばっている方、日曜もがんばっている方、本当に素晴らしいと思います!

そして、ジョイマバさんのブログ、この記事は私が日頃違和感を感じていることでしたので、すーっとしました。
武器という言葉が肯定的に使われている今日この頃、やっぱり変だと思っていた私はジョイマバさんがおっしゃることが、200%共感できました。
Commented by joi-maba at 2010-02-09 09:33
こちらこそ、感動し、胸が熱くなりました。本当に本当に、ありがとうございます。私のささやかな主張(大げさですね?)に共感してくださるこのようなコメントをいただき、勇気が200%湧いてきました。途上国の人々のためにがんばっているジョイセフの若手が受け継いでくれることとと陰から応援しま~す。ジョイセフはもはや若い世代の時代になっていますから。
Commented by ミッチ at 2010-02-09 09:49 x
よく考えてみたら、私は本当に幼い頃から武器という言葉に何の疑問をもたずに使っていました。
小中高と水泳、駅伝、バスケットと試合に勝つために、先生がたに鍛えられてきた私は、よく「お前の武器は、持久力だー!」と、檄を飛ばされたものでした。少なくとも私は、この言葉を「まだまだ頑張れるよ!」というような励ましの言葉に解釈して、俄然やる気が起こり、自分のスランプを克服してきたこともあって、ポジティブにとらえていました。
マーバの記事にハッとなった私。今後の言動は注意しなくっちゃ!(^^;)
Commented by joi-hacchi at 2010-02-10 00:00
 注意深くしていないと、「これは秘密兵器だ!」なんて、子どもたちにとって意外と馴染みのありそうなフレーズになりますよね。。。
 わたしが仕事をするようになっていつも気になりつつ使いがちだったのは、「戦略」という言葉です。
 あと、子育てするようになってよく聞くのは「(毎朝 子どもたちを送り出すまでは) 戦争だわ!」っていうフレーズです。私の場合、あまり朝から気合が入らないタイプなので、そのフレーズは使わうほどの心境にはならないですが。。。
Commented by Reiko at 2010-02-10 08:42 x
manaさん、遅くなりました。2015年のことご丁寧にご教示くださいましてありがとうございました。開発目標の名前は聞いたことがあったのですが、8つの目標があると初めて知りました。mabaさんのリンクを見ると、5番目と8番目に書かれている目標は聞いたこともなかった問題でした。60年も生きてきて、自分の無知が情けなく思います。
それから、私も娘に武器を活かしなさいとよく言っていたものです。上の方がご経験されているのと同じように激励する言葉として使っておりました。武器=傷つけ殺し合うという意味を連想しないであろうことを前提に。親としても失格ですね。
Commented by joi-maba at 2010-03-02 21:36
こんなに長らくお返事しなくて、失礼しました。Reikoさん、失格だなんて、決してそんなふうにおっしゃらないでくださいね。現に、とてもたくさんの人が、例えとして結構使っているのですから…。ま、ちょっと読んでいただければと、書いて見たことです。でも、もしかしてこれからお口になさったときに、ほんの少しだけ、世界の平和のことを思ってくだされば、十分です。
<< FGMゼロトレランスデー 「独裁者」との交渉術 >>