人気ブログランキング |
ブログトップ
お産婆さんに取り上げてもらいました(吉備路の総社生まれ)
必殺技
今年も半分の折り返し点を過ぎました。
日々、心の痛むニュースばかりが目についてしまいます。

「イラク、6月の死者 2417人」 このうち、民間人は1531人。
イスラエルとパレスチナ、シリア、ウクライナ・・・・・。
西アフリカでは、致死率90%のエボラ出血熱が猛威を・・・。


以下は、没になった投稿原稿です。
もう時効と思いますので、ここに掲載することにします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
過激になる恐ろしい言葉

見たくない言葉やとげのある言葉が、紙面やニュースから一向に減らない。

例えば、A新聞の
リレーおぴにおん 私の必殺技」だ。
「殺」という字に身が震える。

4月30日付け記事に登場したのは「暮しの手帖」編集長のM氏であるが、取材を受けた際に「必殺技ではなく、必勝法と置き換えてはどうか」と提案してほしかった。

実際、記者の質問に対して、必殺技という言葉を使って答えたのだろうか。

「暮しの手帖」を手がけてきた大橋鎮子氏、花森安治氏が、草葉の陰でどう思うだろう。
コラム名である題字はともかく、「本文中にもこの言葉で記事にするなら、掲載を断る」くらい言ってほしかった。

スポーツの場面でよく目にするが、戦争や紛争の場でもないのに、「足の長さを武器に」「戦士のほっとタイム」などという言葉が使われている。

武器は他人を傷つけ、殺し合うのに用いるもの。辞書には「比喩的に用いることがある」と書かれていても、私はこの言葉を絶対に使わない。強み、優位性、持ち味などに置き換える。この場合の戦士はアスリートでよいと思う。今なお、戦禍の中で暮らす人たちを思うと、安易な言葉に接する時、文字が心に突き刺さってくる。

言葉が大げさに、しかも恐ろしくなってくる。日本人が食事の際に箸置きを使う理由は、とがった箸の先を相手に向けないためだという。このような心使いは日本の誇るべき文化であろう。
by joi-maba | 2014-07-02 22:52 | ボキャビル通信 | Comments(0)
<< 村岡花子と加藤シヅエ 家事場のパパヂカラ >>