ブログトップ
お産婆さんに取り上げてもらいました(吉備路の総社生まれ)
センテナリアン
センテナリアン(centenarian)とは、100歳以上の人のこと。
日本のセンテナリアンの鏡は、ご存知、
103歳の日野原重明先生
でしょうか!
講演、執筆、ミュージカル出演、・・・。
そして、「・・・長」という肩書がいっぱい。大活躍ですね。

先日届いた「人口統計資料集 2015」にこんなページを見つけました。
(国立社会保障・人口問題研究所 発行)

日本の百歳以上人口は、

1963年 総数 153  男 20 ・女 133    (86.9%)

1998年に1万人を超えた!

2000年 総数 13,036  男 2,158 女 10,878(83.4%)

2003年に2万人を超えた!!!

2005年 総数 25,554  男 3,779 女 21,775(85.2%)
2010年 総数 44,449  男 5,869 女 38,580(86.8%)
2014年 総数 58,820  男 7,586 女 51,234(87.1%)

各9月1日現在の数字です。カッコ内は総数に占める女の割合。

すごいですねぇ。まったく・・・。

私めは、60代のぞろ目の年齢。
これを 緑寿(ろくじゅ) と呼ぶそうな。

と言っても、日本百貨店協会が2002年に言い始めたとか。

これからも健康第一に、生きようっと!
でも、・・・・っ子世にはばかるのも、ハタ迷惑でしょう。
ころ合いをみて、「はい、さよなら」と逝きたい気持ちです。
[PR]
by joi-maba | 2015-02-09 23:26 | ボキャビル通信 | Comments(0)
<< 国際光年 雪上のホワイトリボン >>