ブログトップ
お産婆さんに取り上げてもらいました(吉備路の総社生まれ)
Vサイン
カメラに向かってポーズをとるときなどに V サイン(ピースサイン)をする人をよく見かけます。
これに関連して、今回はひとことだけ書きたいと思います。

27日、国際文化会館で新渡戸国際塾の公開講演を聴いてきました。
ジョイセフの会長でもある明石康塾長(国際文化会館理事長)のもと、
次代を担う国際的な人材育成のため、2008年に開校されているものです。

この日の講師は、ユニセフ東京事務所代表の平林国彦さん
テーマは、「世界との対話から見えてくる2030年の世界」でした。

自身の生い立ちや経験を交えながら、ゆっくりした口調で、世界の子どもたちの現状や、今後に向けてなすべきことなど淡々と話す語り口に聴き入ってしまいました。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪ 

フィリピンでの子どもたちの写真を見せてくれましたが、みんな指を1本立てています。
指を2本立ててVサインをしていないので、思わずあれっと思ったのですが、平林さんから説明がありました。

平和を表わすために指1本を立てる。
V はビクトリー、つまり勝つことで、同時に負かした人がいるからだと。


そうだったのかと、とても共感を覚えました。

私は V サインに前から違和感があって、一度もこれをしたことがありません。
[PR]
by joi-maba | 2015-06-28 18:53 | ボキャビル通信 | Comments(0)
<< ミレニアム開発目標報告 2015 カメレオンから得た教訓 >>